excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブラジルにいく【11・完】~アツくココロ豊かなヒトビト~


f0026094_2252554.jpg
コルコバードの丘には世界中から人々が集まる。


両腕を広げたイエスキリストの像は、
リオ・デ・ジャネイロのシンボルである。


それゆえに、さまざまな観光客がこの丘にのぼり、シャッターを切る。

お色気アリ、あほうアリ… 【続きはコチラから】
[PR]
by Taragona | 2007-03-25 23:44 |  ⇒ ブラジル旅行

スーツ新着


f0026094_23471887.jpgスーツを新しく仕立てた。

仕事上、スーツを毎日着るので、
スーツ=ユニフォームといえるかもしれない。
…しかし、スーツを買うのは久しぶり。。

というのも、ワタクシ。
以前の記事:『横浜に行く。』でも書いたとおり、
モノ持ちが異様なほどにいい。

極端な話、おもいっきりヤレてしまったり、
壊れて使えなくなったりしない限りは、
”使い倒す”主義なのである。

というわけで、意を決して? スーツを買いに… 【続きはコチラから】
[PR]
by Taragona | 2007-03-22 00:38 | ★FAVORITE

蕎麦を食べに。


f0026094_1813519.jpg蕎麦が好きだ。

土曜日にTVを見ていたら、
蕎麦屋が多い、山奥の集落を紹介して
いた。

ここのところ、どこにも出掛けていなかったので、蕎麦を食べに、遠出することにした。

さすがに雪が降っていた。【続きはコチラから】
[PR]
by Taragona | 2007-03-18 18:35 | ★FAVORITE

あいのりを見る。~アイスランドが呼んでいる~


「あいのり」という番組をご存知だろうか?

フジテレビで毎週月曜23時から放送している、
”恋愛観察バラエティー”番組である。
ラブワゴンと呼ばれる車に乗って、恋愛を求める男女7人くらいが、
世界を廻って愛を育んでいく(時としてフラレル)様子を追っかける、
という内容。

今でも、非常に高い視聴率を誇っていて、
特に、TEEN世代とかF1層(20歳~34歳女性)に根強い人気を
持つ番組。…んまー なんのことはない、ワタシが見ているのは
ちょっとキモチワルがられる、リアルな青春恋愛モノ なわけだ。

*******
放送開始の99年頃は、まだ、まあなんとか共感できる部分もあったのか
なかったのか、少し見ていたことがある。見ながら、
 「あー! そこで告白しなきゃ!! 押せ、プッシュだー」、とか、
 「そこで引くなよ! オトコを見せろよ! 押せ、プッシュだー」、なーんて、
やはりどう考えても、「あいのり」を見る視聴ターゲットからは
大幅に外れた人物(=要は、おっさん)なのはたしかなわけで、
それ以来、見ることはなかった。


しかし、その長い沈黙を破って、今さっき偶然目にしてしまった。
なんと! あの美しき、広大で、遥かなる、
アイスランドを旅しているではないか!!

おおお!! なんということだ。
日本の若者達が、恋愛旅の途中でアイスランドを経由しているのか。
…う~~む。。。微妙なキモチ

シンクヴェトリル公園で、喧嘩しとるがな…
[PR]
by Taragona | 2007-03-13 00:55 | ★FAVORITE

ボクスター1年点検とクラクション考


愛車が1年点検から返ってきた。

とはいっても、点検に出したのはちょうど2週間前。
返ってきたのは1週間前。だいぶ鮮度の悪いネタなのはご愛嬌…(笑)


f0026094_23393637.jpgごらんのとおり、1万4千キロ走って特段異常なし、オイル交換のみを行う、と言いたいところだが、
異常が1点あった。

クラクションの不具合である。

ワタシはまったく異常に気付かなかった。(笑)
 なんでも、高音と低音の、高音部分が出なくなっていたらしい。


たしかに、たま~に、鳴らしたときに、
「なんだか、『プオーッ』って拍子抜けする音だなあ…」と思っていたが、
出なくなっていたとは、気付かなんだ! (ウチの連れは、「高い車のわりに、安っぽい音だなあ…」と思っていたとか。。教えろよ!(笑))


…ところで、
クラクションって、普段使いますか??

ワタシの場合、ほとんど使わない。
特に、プライベートで使用するシーンではまず使わない。
使用するときといえば、ボクスター君ではなく、仕事車(トヨタのラウム号)に
乗っているときくらいだ。

しかも、よくよく考えてみると、使う時は、『遅い発進の催促』とか、
よほど怒った時に、『抗議』の意味合いで使うというような、
”おだやかならならぬ”使い方の時。う~ん。。よくないよくない。
(でも、抗議でクラクションを鳴らすような事態に至った時は、残念なことに? ドアも開けてしまいます… 本当に抗議します・爆)


いずれにしても、クラクションってやはりイイ気分はしないですよね。
だから、使わないんです。…となると、不具合にも気付かないわけで…(笑)

f0026094_003386.jpg
冬空
ボクスター。

点検を終え
遠くの雪山
へドライブ。

大好きな
喫茶店で
ノンビリと。。


点検費用は予定より安く済み(片手ほど)、ホッとしました。
[PR]
by Taragona | 2007-03-09 00:05 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター

ブラジルにいく【10】コルコバードの丘


ブラジルの食といえば、シュラスコ。
f0026094_2243179.jpg

肉の塊を串刺しにして焼き、
ダイナミックに切り分けて、サーヴしてくれる。

『ESTRELA DO SUL』という、
シュラスコ専門店(シュハスカリアという)。

サラダやデザートの類もバイキングに
なっており、食べ放題。
とてもじゃないが、食べきれない。

味は非常に美味しく、
肉好きにはたまらない店だろう。

********
お腹が満たされたところで、
リオ・デ・ジャネイロの観光シンボル、
コルコバードの丘へ。

f0026094_22523430.jpgこの像をみたことがあるかも
しれない。

海抜700mの『コルコバードの丘』に聳え立つ、キリスト像だ。

前記事【9】にも挙げたとおり、
湾が入り組み、急峻な丘が造型し、水平にも天地方向にも、美しい街・リオ。まさに『神の造型』といえるかもしれない。


700万超の人口を有する大都市をはるかに見下ろしている。
そして同時に、市街からも、キリスト像をはるか天上にみつけることができる。


ボクがこの街に惹かれて旅をしたのは、ひとえにこの景色にあった、と
言ってもいい。…なんとも陽気で、美しく、エネルギッシュな感じがする。
そして、実際に、ただそれだけを期待して、
リオ・デ・ジャネイロという街を訪れる価値は、充分にある。

f0026094_237335.jpg
丘へ登る電車 →

20分ほどかけて、
山頂へとのぼってゆく。

急斜面からは絶景。
人造湖のロドリゴ・デ・フレイタス湖、
その右側には競馬場がみえる。

f0026094_23131012.jpg







← イパネマ海岸がその先に。

ボサノヴァの名曲、
「イパネマの娘」、のイパネマだ

f0026094_23213666.jpg
登山電車の途中の駅で、
楽団が乗り込んできた!

なんのことはない、
日銭稼ぎの商売である。

しかし、ボクは、
なおのこと、この街が好きになった…


『…なんとも、陽気じゃあないか!』


アジア圏を旅していると、たくさんの路上生活者を目にする。
その人たちはうつろな目で歩行者に懇願し、足元に置いた空き缶に
コインを入れてくれることを期待している。

それは、どこか受け身な姿勢に思える。
反面では、善意的な考え方なのかもしれないし、
他者に強要しない、内向的な自己完結の生き方なのかもしれない。

しかし、ラテン、ブラジル。
積極的に金稼ぎ。なんだか能動的で、
懸命に金をせびろうとしている感じを受けた。

大人しい路上生活者を目にしなかったし、
なんだかギラギラしている!! いいなー

上記の写真以外でも、後日、海岸を散歩していると、
ハダカの少年が、セールスをしてきた。
錆びたボロボロの自転車で、レンタサイクルの案内にきたのであった。(笑)

*******************************

f0026094_23341449.jpg
そして、山頂へ。

おもわせぶりな太陽が、
すべてを見せてはくれない。

う~む。。
さすが魅力的な街である!

そう簡単には、
期待に応えてくれない…
なおのこと、
魔術にかかるわけですねえ。。(笑)


f0026094_23383296.jpg

山頂駅で、
ギターを奏でる少年。
どこにでもいますね。

********

そして、ブラジル旅行は
いよいよ最終章へ…

   【つづく】
[PR]
by Taragona | 2007-03-04 23:20 |  ⇒ ブラジル旅行

トムヤムクンが食べたくて


無性に食べたくなる時がある。

f0026094_0414446.jpg
生まれて初めて、
「トムヤムクン」なるモノを
口にしたのは15年くらい前では
ないだろうか。

コンビニで売られていたのを
試しに買ってみたのが最初だと
おもう。


味噌汁棚に陳列されているそれは、
パッケージからして「辛い味噌汁かナニカだろう」と思ったのだが、
飲んでみて、驚いた。…ウゲゲッ!! す、酸っぱい!!

しかし、その初体験から10年ぐらいして、
タイ人のママがやっているタイ料理店で再会した時は、
その美味しさに目を見張った!

f0026094_04893.jpgこの店は、
タイの民芸品も売っている本格的なタイ料理店で、メニュー表をみても、現地名で記されているために、よくわからない。

パッタイ、トムヤムクンくらいならわかるが、
『パッタイダーレ』とか『トムヤムガイ』、と、
カタカナが並ぶと悩ましい… 
 イメージが全く湧かない(笑)

→ キャベツを巻いて食べる、ナントカカントカという料理、と、有名な『チャンビール』です。
 

そんなわけで、運ばれてくるまでは、何が来るのかよくわからないながらも、
あの独特な香辛料の辛さと、パクチーの風味に惹かれるようにして、
月1ぐらいで、「トムヤムクン」を食べに行く。

ああいうクセのある味はハマるとダメですね、中毒症状になる(笑)
酸辣湯麺(スーラータンメン)も月1ですね。

全然、分類は違いますが、牡蠣とか海鞘(ホヤ)、鮟肝(あんきも)
なんかも、たまーに、ムラムラと来て、食べに出かけずにはいられません。(爆)

そんな存在、トムヤムクン。
外国の友達、トムヤム君。( ……?!)
普通の店(多国籍料理屋)で出されるものと、タイ料理屋のとでは、
だいぶ味が違うことが多く、いつもタイ料理屋のトムヤムクンに会いにゆくのだ。

f0026094_0562064.jpgトコロガドッコイ!
行きつけのこのお店。
今日で閉店だという…
 ガッカリ。。

オーナーママがバンコクに
帰ってしまうからだ。

バンコクかー 最近ツアーでも
安いからなあ。。(そこまでする?)


というのは、さすがに遠過ぎるので、
新しい「トムヤムクン」探しの日々になりそうである…
[PR]
by Taragona | 2007-03-01 01:10 | ★FAVORITE