excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

メイド喫茶に行って、ブランディングというモノを考えた…


メイド喫茶にぃってキマシタ~☆ 萌♪萌♪(……で、いいのかな?!)


メイド喫茶【メイドきっさ】 …
メイド姿の女性店員による給仕を呼び物にする,喫茶店のこと。2000 年(平成 12)前後から,東京・秋葉原などに登場し始めた業態。メイド-カフェ。 【三省堂提供「デイリー 新語辞典」より抜粋】

*********

営業の仕事をしていると、色々な体験ができて楽しい。
プライベートでは行けないような、高級料亭での接待もあれば、
普段お会いできないような方と仕事をし、興味深い話しを聞くこともできる。


しかし、まさか!! あの、『メイド喫茶』なるものに、
仕事で赴くことになろうとは、思いもよらなかった!!(笑)


私のクライアントの元へ、久しぶりに挨拶に出かけてみると、
「Taragonaさん、コーヒーでも飲みに行こうよ」
と、いきなり会社の外に連れ出される。

ワタシよりだいぶ年齢が上の、カワリモノの社長様。
仕事の話よりも、噂話だとか、他人の生活やら年収やら、
なんとも下世話な話しが大好き。
…そんなわけで、たいていは、会社の外に連れ出されて、延々そういう話しに付き合わされるのが恒例となっている。(案外、キライではない。同類?)

**********
足早に先を歩く社長が飛び込んだのは、怪しい雑居ビル。
あれれ、いつものコーヒーショップじゃないのか… と
怪訝に思っているワタシの顔を一瞥し、ニヤリ…


…ということで、『メイド喫茶』に連れ込まれたわけだ。
我が社の社章を、そそくさと外したのはいうまでもない。(笑)

「いらっしゃいませ~☆ ご主人様~♪」って言われちゃいましたよ…
[PR]
by Taragona | 2007-02-25 00:44 | ★ひとりよがり

ボクスター君の健康診断とインプレッション


愛車:ボクスター君を定期点検に出した。


f0026094_030177.jpgディーラーまでは極めて遠いので、
ローダー車をお願いして、
迎えに来てもらう。

セールス氏、定期点検の案内をくれなかったので、こちらからメールを送った.
…遠い客だからメンドくさかったのかな??

氏は基本的にメールを見ていないのか、返信が来ないことも、ままある。

今回返信が来なかったなら、
ディーラーを替えようと思っていた位だ。
…ワタクシ、結構短気??

毒舌はこのへんにして…(笑)


1万4千キロを走破して、絶好調。
オイル交換くらいで済みそうである。

気になるところを強いていうなら…
フロアマットにガムの噛みガラをくっつけてしまい、汚くなったのと、
多少、ギシギシと音がする程度。
とはいえ、まあしかし。。あんまり気にしないタイプなのである。
(短気なのに、おおざっぱ… 笑)

*******
2月25日で納車から1年が経つ。
インプレッションをすると、

・ズバリ、運転はしづらい!

 →あれれ? そんなことないでしょう? という感想を持たれる、
 ポルシェ仲間の方が多いかもしれませんが、ワタシのフィーリングでいうと、
 実は今ひとつ、なのです。

 というのも、アイポイントの低さゆえです。
 特に高速コーナーなんかで感じるが、視界に入ってくる情報が少なくて、
 飛ばしづらい。

f0026094_104565.jpgf0026094_112027.jpg













写真を変に重ねております…(謝)

前の愛車であった、BMWは、”駆け抜ける歓び”のわりには、
アイポイントが高く、ロールも結構する。

視界も広くて、コーナーのR(曲率、ですね)が掴みやすく、
なおかつ、ハンドリングもしっとり、ゆるやかな操舵感があったのだ。

対して、ボクスター。(写真左)
視界が狭いし、それなりにクイック。

高速コーナーで飛ばしてゆくと、それなりの緊張感を、ワタシは感じる。
(低中速はヒラヒラと楽しいのだけど…) 眼が疲れてしまうんだよなー
案外、オープンにして飛ばせば、走りやすいのかも。

法令順守は、まあまあ、当然のこととして、
高速で飛ばすと、ドッシリ感というか、吸いつき感というか、
が希薄に感じられる。フロントが軽いからかなあ??

ドイツのアウトバーンの感覚で、(サーキット内において!?)
飛ばしてゆくと、斜め方向の段差を越える際に、結構暴れる。
前車のBMWとか、だいぶ前に記事にしたドイツ旅行で乗ったボルボS80より、はるかに手に汗を握るし、疲労感を感じる。


…うむむ。
 少々、深酒になってきたので(笑)、これにて。
 走り(しかも私の感じる短所)に関する話しだけになっちゃったなあ。。


※懐かしい写真をUP。
 BMWの頃、ツーリング仲間たちと峠に行った写真だ。
 後ろに写っている、セブンやロータスより明らかに背が高い!

********

昨日早朝の、首都高4号線の事故、驚きましたね。
24tトレーラーがひっくり返ると、あのような事態になってしまうのですね。
亡くなられたドライバーの方のご冥福をお祈りします。

今晩の報道を見ていて、あれれ?! と思いましたが、
今月始めに、事故のあった75Rのコーナー、ずーっと1日中、
眺めていたのです。
f0026094_1193533.jpg

   ↑この写真の左から3分の1くらいのところで、横転していたようです。

車間詰め過ぎのクルマもあり、ブレーキ踏み過ぎのクルマもあり。
ブレーキランプをどこで踏んでいるのか、
車間を詰める人はどのくらいまで詰めているのか(アオリのヒドイ人探し!)
をずーっと見続けていました。

大型トレーラーであれば、運転に気を遣うでしょうし、
急な動作には対応が難しいでしょう。
そもそも、急カーブ過ぎるし、幅が狭い。大型の運転は大変だろうなあ。

f0026094_1231492.jpg
夜になっても、間断なく、
クルマが流れています。

もっとキツイカーブは
あるけれど、

やっぱり、
走りづらいよなあー、首都高。。。
[PR]
by Taragona | 2007-02-23 01:24 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター

お好み焼きが好きや! そして、トルコ料理を食べに…


たまに、お好み焼きが食べたくなる。
f0026094_104260.jpg

ワタシのオフクロが、たまーに、お好み焼きを作ることがあった。

今にして思えば、食費をケチって(笑)、
手間を省いただけの食事ではあったが、

家族揃って、ペタペタひっくりかえし、青のりをぶっかけ、
紅しょうがとソースをドバッとかけて、食べるのは、
笑顔と熱さの分だけ、楽しかった。

…という、美しき?想い出もあるせいか、
 たまーに、お好み焼きを食べに出かける。

*****************

f0026094_154965.jpgしかし、最近はもっぱら、
変わりモノが食べたくなる。

フレンチやイタリアン、中華など
では当然なく、先日の記事の
さいたま市の『ベトナム料理』
だけではなく、

タイ料理も行きつけがあるし、
池袋のマレーシア料理屋も
たまにふらり顔を出してしまうが、


しかし、↑の写真のとおり、新しい変わりモノを見つけた。
その名もズバリ、『トルコ&ペルシャ料理』である。

アイスランド旅行記の際、最終話で登場した旅の友、
Cちゃんが教えてくれた店。

某SNSで彼女が記事にしていて、飛びついてしまったのが最期、
キモチを鷲掴みにされ、夜も眠れなくなっていた… (ウソです・笑)

f0026094_1121494.jpg行ってみると、なんと絨毯敷き。
ペルシャジュ-タンか?

挙句の果てに、
壁にまで装飾している有様。
モノスゴイ。

ご当地のしきたりか、
床に置かれた板(テーブル)の上で食事を
する。

この店では、怪しい(失礼)トルコ人?が
陽気にサーブしてくれる。なんと、衣装を
着せられるし徹底的に食べさせられるのだ!

値段は安く、トマトベースの料理で、
味はまずまず。香辛料・味付けが少々独特。

前の記事のとおり、思うところがあって… などと、
暗い雰囲気を醸し出しつつも(笑)、
すっかり、店員にイジくられて店をあとにする。

店員が、ワタシの連れに対して
「アナタ!ビジンだ! このオジサン(ワタシのこと)いなければ、コンイン届け、
 クヤクショにスグだすのにさぁ~!」、な~んて言っている。

f0026094_127660.jpgワタシは非常に、面白かったのだけど、
連れは、「なんだか疲れる…」と、
早くも帰りたがる。

 …たしかに、
 仲間たちとワイワイ行く店ですね。

よほどキモが座っていないと、
女性1名(+男性1名)ではツライかもしれません。

渋谷でのライブを終え、場所を移動。
なんとこの店、場所は日暮里なのです!
う~ん。。学生の時以来、
久しぶりに、このへんを訪れました。


また、もう1回行きたいですねー
今度行く時は、物好き?な仲間たちを引き連れて…(笑)
[PR]
by Taragona | 2007-02-16 01:30 | ★FAVORITE

そして、東奔西走。


3連休。街の灯りがみたくなった。

f0026094_162193.jpg
が。その前に…

2月11日。
この日は、福島県の白河市で
「白河だるま市」という祭りが
開かれている。

3年前に訪れた際に、
このだるま市で買っただるま。
祈願成就をしたということもあり、納めにいくことにした。

だいぶ寄り道になるが、
この田舎独特の祭り、雰囲気があって好きだ。
露店が、ずらーっと、数キロ並ぶ。(気が向いたらアップしますね)

*************

f0026094_1131584.jpgふらり出かけることにする。

長い付き合いになる友人が、
ライブをするという。
大騒ぎかつストレートな
パフォーマンスで、楽しい。

おお! なぜか
半裸のオトコが眼の前に。。
学生時代の気分で、
渋谷のアンダーグラウンドに
潜んでみる。

**********

とはいえ、のんびりと外も眺めたかった。


ここのところ、仕事のつながりで、
笑ってしまうのだが…
アート系プレゼンテーションの審査員をやらされたり、
歴史講座を受講させられたり、
笑ってしまえないが…
新規ビジネスの計画が、うまくいかなかった。

f0026094_1205219.jpg
一日中ボーっとする。

渋谷に出かける前に
のんびり、定点観察をしてみる。

日がまだ高いうちから、
眼下の車の流れを
追っかけていると、

眼が疲れて
しばし、眠ってしまった…


f0026094_124281.jpg眼を覚ますと、
わずかな残光が

『アチラ側』に
消えようとしていた。

富士山が小さく見える。

眼下の車の流れは、やはり、
ボクの意識とはまったく関係なく、往来を繰り返していた。


f0026094_133661.jpg
やがて、夜になった。

あいかわらず、
窓の外の世界は
賑やかだったが、

しかし、
そこには昼間の富士山は
なかった。

そのかわり、明滅が
はるか遠くまで
景色を支配していて、
なんだか、安心する。

首都高を見下ろすと、
少しだけ、三宅坂ジャンクションへ向かう列が、
混み始めているのが、なんとなく、わかった…

********

3連休、あっちいったりこっちいったり。
[PR]
by Taragona | 2007-02-13 01:46 | ★ひとりよがり

雪山新年会


先々週、新年会があった。

f0026094_0564596.jpg


少し離れた温泉旅館で、
有志による集まりだ。








f0026094_0573049.jpg

温泉というコトバに弱いので、
その有志から
案内状が来なかったが、
飛び入り参加することにした。

硫黄泉のいい香り。
雪見風呂。
標高1400mは
さすがにツララが長い。



              ↓ハリネズミが走っていた。
f0026094_0584258.jpg

[PR]
by Taragona | 2007-02-13 01:01 | ★ひとりよがり

さいたま市なんです。 ~アテのない旅?~


大宮に行ってきた。
f0026094_1374069.jpg
大宮は、埼玉県の大宮だ。

四条大宮(京都)とか常陸大宮(茨城)ではなく、埼玉県大宮市のことである…

…というのは大きな間違いで、
6年近くも前に合併しており、
今は、さいたま市大宮区という。

う~む。。
大宮というと、ワタシの中では
新幹線の駅のイメージのみが
強くて、結構ミステリアスだ。            ↑大宮駅の東口

そんな寝ぼけたことを言っていると、
120万さいたま市民から野次罵声を浴びそうなので、
大宮に、ふらっと遊びに行くことにした。

休日の午後にふと思いついたので、着いてみると夜だった。
ワタシの住む街からは、高速を使ってもかなり遠い。
 ひさびさの『あてのない旅』だ。
 …大宮に”旅に行く”というのは、いかがなものか、という気もするが(笑)

f0026094_1491551.jpgホテルを急遽取り、
タクシーの運転手に
「一番賑やかな繁華街に
 連れて行ってください」
と頼んだ。

連れて行かれたのは、
大宮駅東口。

ここから写真のとおり
北方向はロフトもあって
ショップ街。

そして、南方向には、
『南銀座通り』という飲食店が立ち並ぶ通りがある。
タクシーの運ちゃんによると、1000軒?の飲食店が密集しているとか。

土曜日で人出も多いが、呼び込みも多い。
交差する路地には、アジア系の女性の立ちんぼがたくさん(笑) 
う~ん。多国籍だ。

でも、あんまり話題性のない記事でして…
[PR]
by Taragona | 2007-02-03 02:29 |  ⇒ 関東・東海

『ロストジェネレーション』におもう【11】:総括③・完


長期連載をしてきた、~『ロストジェネレーション』 におもう~

朝日新聞の記事を拾い、所感も含めて、展開してきました。

**********

朝日新聞の同特集『ロストジェネレーション』は
1月半ばに連載を終えましたが、

自分自身の世代を、客観的に定義している言葉として
非常に興味を持ちましたし、もっともだという部分、
納得いかないという部分、そして、前述のとおり、
許されないとおもう部分、多々ありました。

同特集では、我々世代の仲間たちの横顔を紹介し、
アンケート調査を織り交ぜて、 その特徴をうまく分析していましたが、
「じゃあ、そこで掘り起こされた問題(と思われる点)を
 どう解決してゆくのか」というような、提言性はありませんでした。

とはいっても、
そもそも束ねるのが難しい『価値観多様世代』でもあるわけだし、
世代全体に対してこうあれ、と訴えることはやはり不可能なわけです。
提言などできるわけがありません。

ただ、最後にワタシが個人として指摘した、
「正規雇用を“望んでいる”人間に対し、
 チャンスが与えられないのはおかしい」という答えは
欲しかったなとおもいます。

**********

この特集に寄稿している学者の意見の中には
少しだけその答えがあったようにおもう。

東京学芸大教授の山田氏が
「公的機関が雇用を作り出すべき」、
東大助教授の佐藤氏も同様に、
「公務員への採用などの救済策が必要だ」と述べるような、
公的機関による雇用吸収という形、である。
 たしかに考えられる形態だ。

あとほかに、ワタシの低容量頭脳で考えられうるのは、
民間企業のワークシェアリングだろうか。
正社員化に伴う企業側の経費負担増があるが、
法人税等の優遇で相殺できるのではないか。
あるいは、非正規雇用者の正社員化を一定数義務付けする、とか。

また、官・民ときたら、
やはりNPO(特定非営利活動法人)という雇用セクターにも
着目しなくてはならないだろう。
公的機関、特に財政の厳しい地方自治体などでは、
アウトソーシングの一環として、NPOの活用も視野に入ってくるはずだ。
実際に、このNPO分野にロストジェネレーションが流入している現状もある。

今朝新聞を見ていたら、高齢化の進む農業支援として、
パートタイムでの農業従事を検討、という記事があった。
こういった高齢化の進む業態で、働き手を導入するというのも
ありではないか。

もちろん、第1次産業であり、しかも肉体労働を伴うので、
若い人が多く集まるとは思えないが、
雇用の創出(≒生活の安定)といった観点では興味深いとおもう。

地方公共団体あるいはNPOで、農業支援組織を作り、
そこの社員として働く、という形だ。
農業はたしかに極端な例かもしれないが、
同様の業態で展開可能ではないか…。
 いずれにしても国家的な施策が必要なのは間違いあるまい。

************

非常に長い記事、読んで頂けた方、誠にありがとうございました。
表現が稚拙な点、発想が偏向的な点、多々あると思いますが、
何卒ご了承ください。

ワタシも含めての、
『ロストジェネレーションの未来に幸あれ!』と
願いたい気持ちでいっぱいです。
           
                                   【おわり】
[PR]
by Taragona | 2007-02-01 00:09 |  ⇒ ロストジェネレーション