excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ブラジルにいく【5】アマゾンへの遠い道のり


フォス・ド・イグアスから、赤道直下、アマゾンの中心都市・マナウスに向かう。

f0026094_0535145.jpgブラジルの航空会社:
ヴァリグ・ブラジル機でいったん
リオ・デ・ジャネイロへ。

ガレオン国際空港でマナウス行きに
乗り換える。

4時間余り待ちぼうけのトランジット。
濃くて甘いコーヒーをショップで飲んで、文庫本を1冊読み終えてもまだ
マナウス行きの発時刻にならない。

時間ぎりぎりになってようやくゲートが開く。
行き先案内表示は『For Boa Vista』(ボア・ビスタ行き)となっている。
マナウスに行かないのか!? Manaus行きのチケットの発時刻は
この便になっているのじゃが…?

よくよく電光掲示板を見てみると、
『For Boa Vista, ……via Manaus』
となっている。マナウス経由ボア・ビスタ行き……
国内を経由してゆくのか! 驚いた!
「当機は、羽田を離陸いたしまして、伊丹経由、福岡に参ります…」、
そんなの聞いたことないゾ(笑)。

f0026094_19532.jpg
ヴァリグ・ブラジル国内線の機内食。
何回か乗ったが、同じメニューだ。

そして、激烈にマズイ。
言っちゃ悪いが、驚くくらいだ。

ワタシは食べ物を残さない主義だが、これはよほど腹が減っていても残してしまうだろう。一番まともなのは右手前にあるチョコレートぐらいだ。

なぜかパンもしけっている。そして、カビたような味がする。
サラダもなんかヘンだ。真ん中にポテトサラダらしきものが潜んでいるのだが、これまた食欲を減退させる味。そんなわけで、チョコレート!をツマミに、『Kaiser』というセルベージャ(ビール)を飲む。 …うへーっ、甘みにビールって… 
でも、飲みたいし、機内食をツマミにするよりはマシなのであった。。 

リオから2500キロほど離れたマナウス。
夕刻の太陽と眼下の雲を眺めながらうつらうつらしていると、飛行機が着陸態勢に入る。だいぶ暗くなっていたがまだ1時間半ぐらいしか経っていない。

早口のポルトガル語のあとに、これまた聞き取りづらい英語のアナウンス。
高度がだいぶ低くなり、街路がみえてきた。
…う~ん、ここは違う街なのではないか…

空港に着き、3分の1くらいの乗客が降りてゆく。
そして、しばらくして再び滑走路へと戻り、離陸。
そう! 『Boa Vista』(ブラジル最北部の中心都市)へと向かう飛行機は、
マナウスを経由して行くだけでなく、他の都市も経由してゆくのである!

聞き取りづらいアナウンスと時間距離から考えると、首都のブラジリア国際空港であることがわかる。そういえば、上空から眺める街並みがジェット機型をしていたもんなあ。1960年に遷都し建築家たちが自由に創った高原首都。今度はちょいと降りてみたい。


そして、マナウスに夜遅く到着。
ホテルにチェックインし、翌朝を迎える。
いよいよ、ジャングルが待っている…


f0026094_1332075.jpg
f0026094_1332826.jpg
[PR]
by Taragona | 2006-07-31 01:33 |  ⇒ ブラジル旅行

野菜高い、ハンバーガー高い


中国地方から関東・甲信地方まで梅雨が明けた。

ワタシの住む東北はまだしばらく梅雨は明けそうにもないが、長引いた天候不順の影響で、野菜の値段が例年の2倍程度まで騰がっているようだ。


*******************
『大手スーパー 野菜安売りで客寄せ』   【サンケイ/30日】

大手スーパーは、長梅雨の影響で値段が高騰している野菜を期間限定で安売りする。イトーヨーカ堂は29、30日と8月2~4日までの計5日間、契約農家や地域農協などと協力し、通常の半額程度に値下げする。

野菜は、収穫期に当たる5月以降、日照不足が続いたほか、7月にキャベツやレタスの主要産地である九州と長野県が集中豪雨に見舞われた。このため、大根やトウモロコシ、タマネギなども含め前年の2倍程度まで値上がりしているという。 

小売り各社は、例年より遅い梅雨明けで、客足が伸び悩んでいる。イトーヨーカ堂などは野菜の安売りをてこに集客力を高め、店舗全体の売り上げ増につなげたい考えだ

********************

そういえば、行きつけのタイ料理店で『天候不順のためパクチーが入荷できず、全品パクチーなしとなります』とあった。どこから仕入れているのやら、天候不順憎し、である。

食べてみて気づいたが、パクチーがないとダメだ! いまいち美味しくない。 
あの色取りを添えているだけのような、あの草っぱがあるのとないのとでは
全然違う! …日本でいうところの刺身に”ワサビ”なんだな、と感じた。

ちなみにこの店はテーブルが4席しかない狭い店だが、経営者がタイ人ということもあって本格的な味わいを堪能できる(ちょいと値段が高いのが難点) …2,3ヶ月に一度、モーレツにトムヤムクンが食べたくなって半ば駆け込むようにして行く店なのだ。

ハンバーガーを食いに…
[PR]
by Taragona | 2006-07-30 23:33 | ★ひとりよがり

鈍行列車をめぐる、あれやこれや。


前記事を書きながら、しばらく思い出してみる。

f0026094_18543.jpg最近電車に乗るといっても、新幹線が圧倒的に多い。
仕事であれば、(新幹線での)1駅だって新幹線を
使う。

プライベートであれば車。
各駅停車の列車に乗ることがあるとすれば、
都心に出たときくらいだろう。

6時前の始発、山手線・新宿駅。
土曜の朝(金曜夜の翌朝)だけあって、
人が多い。

→ この時は、金曜の18時から痛飲していたっけ。

*******

ちょうど子供たちは夏休みの時期。
その昔、私が子供の頃は、前記事の祖母の家にひとりで遊びに行ったものだ。あれも、えらく遅い鈍足の深夜急行列車だった。

私が子供の頃住んでいた町を、午後9時過ぎに出る列車。
その列車、…今はないが『急行八甲田』と言った… は、見知らぬ町をいくつもいくつも抜け、途中貨物や特急列車に先を行かせるために数十分停車を余儀なくされながら、明け方の4時半に祖母の住む町に着いた。

f0026094_1255848.jpg先ほど乗ってきた鈍行列車の座席。
座席も固く、背もたれもほぼ直角。

『急行八甲田』もこんな感じだった。
たしか寝台列車は基本的に接続されておらず、こんなボックス席でよく眠れずに朝を迎えたっけ。

不幸中の幸いは、乗客がほとんどおらずボックス席を独占して、Lの字で眠れたことだろうか。

*******************
f0026094_1301062.jpg
眠れない急行列車といって思い出すのが、
台湾の特急『自強号』。     
              
             その『自強号』車内⇒

シートはかなりリクライニングするし、
フットレストもあって乗り心地は悪くないが、
深夜の便にもかかわらず
人が結構乗ってきて眠れない。

f0026094_1385653.jpg
台北の北、松山駅を0時過ぎに出た列車は、
首都・台北から台中を抜け、
阿里山の西側を走り、
台南、そして終点の高雄に到着。

5時間弱の道のり。
明け方近くになって、
沢山の人が乗り込んできて、
まったく眠れなかった記憶がある。




***********

しばし、鈍行列車に揺られた週末。
青春18きっぷで、のんびり周遊もいいかもしれない。
[PR]
by Taragona | 2006-07-24 01:49 | ★FAVORITE

祖母を見舞いに ~D列車で行こう~


独り暮らしの祖母から電話が入った。

すっかり体調が良くなったので会いに来て欲しい、という。
私の両親が遠く離れた場所に住んでいることもあって、
両親に代わってたびたび祖母に会いに行く。

折りしも、私のクルマは使えない状況にあった。
パンクして、頼んだタイヤが届かないままなのだ。
困ったものだ。祖母の住む隣県の町まではそんなに遠くはないが、クルマがなくてはなかなかに不便だ。

行きの道のりは私の連れに送ってもらったが、
用事があって帰らざるを得なくて、帰り足を電車にする。
f0026094_0422440.jpg
土用の丑の日。
祖母の自宅で食べて飲んで、
僕の住む街に帰ることにした。
…そう、D列車、鈍行で。

田舎に新幹線が通ると、
近中距離の移動が極めて不便に
なる。

新幹線で30分、鈍行で1時間の
距離。それで新幹線なら3000円!
なんだかバカくさい出費だ。

f0026094_0475792.jpg都市近郊線や地下鉄とはまったく違う世界。人がいないし、座席もボックス席。これで最終列車なのだ!
ガラガラ過ぎる。

5番線まである隣のホームには、1時間後に5つ先の駅まで走る、超近距離の最終列車が待機している。

1時間前に入線しているというのも
スゴイ。

f0026094_0521946.jpg
吹き込む夜風が涼しい。

田園を走る列車は
思いのほか騒々しい。

列車の走行音、
踏切を通過する音、
耳を澄ませば
蛙の鳴き声も聞こえる。

一駅毎に車内放送が入り、
一駅一駅、列車は止まる…

鈍行列車に揺られながら、
とうとう終着駅に着く。夢うつつに眠い眼をこすりながら。
[PR]
by Taragona | 2006-07-24 01:02 | ★FAVORITE

カードの切り方が人生だ。


オダギリジョー出演のライフカードのCM、最近気に入っている。

特に今放送している『マドンナ篇』というのが、なかなかいい。
10年ぶりの同窓会で、幼い頃の彼女と再会。
帰り際、ビミョーな雰囲気の2人、カードを差し出す彼女…
さーて… 大人になった僕はどのカードを切る?!

…うーん、誰もが妄想しがちで実際にはない、
ところがどっこい、そうまでなくても互いに意識してしまうことは間違いない
同窓会。うんうん、いいね。このシチュエーション!

オダギリジョーがいい味出している。
そして、HPで公開されている続編(視聴者選択型)がおもしろい。
CM以上の創りこみ。CM知っている方は面白いですよ ⇒ ライフカードCM

ワタシは当然、『冒険』カード(再会で燃え上がっちゃえ!カードですね)を選びたいなあ、とテレビCMを見ながらほくそ笑んでいたが… HPの続きを見ると、よくなさそう。これなら冒険損だなあ…

『友情』カードはオチがあって好き。
でも、『封印』がいちばんしっくりくる。

そう、やっぱりカードを切るときは勝ちにいくとき。ギャンブルになってはいけません。 ……そもそも、カード会社のCMだしね。。
[PR]
by Taragona | 2006-07-18 22:23 | ★FAVORITE

風邪3連休


風邪が長引いている。

横浜に花火でも見に行こうかと思っていたら、3連休前にして風邪で不調。
風邪は基本的に無視することにしているのだが、今回は運悪く病院に行ってしまった(行かされた)。案の定、体温計で計ってもらうと38度を超えていた。
がーーーん。風邪決定。。

自然治癒というものを異様に信じていて、かなりの病気でも病院に行かなければ薬も飲まない。風呂に入って酒を飲んで厚めの布団をかぶって寝る。たいていは翌朝、スッキリ! 風邪だったことも忘れている(笑)。

…若かりし頃、手術の恐れのある病気を自然治癒で治したことがある(おバカ!)。3週間くらい痛みに耐えながら日常生活を(仕事も)こなし、家に帰ってすぐに布団をかぶって安静にして眠る… この体験が今も生きている?(生かしちゃいかんよ…) 
…うーーーん、冷静に考えるといささか無謀だった気がしないでもない(笑)。

今回は寒気、そして腹痛。今もって若干、体調はよろしくない。
しかし、そうそう薬を飲まない私にとって、処方された薬は効果テキメン。
だいぶ調子がいい。

f0026094_22394570.jpgそんなわけで、3日間家にいて26時間テレビを延々と見続けていたというだけでは悔しいので外食にゆく。

おいしい定食屋さん。旧い調度品がちょいと良い雰囲気。お通しのサラダがとてもデカイ。ソースも美味。

腹痛ゆえ、うどんやそば、パスタばっかりだったので久しぶりのご飯。
ビールは久しぶりではなかったけど
(薬として1日1回服用していました・笑)。
[PR]
by Taragona | 2006-07-17 22:42 | ★FAVORITE

ブラジルにいく【4】滝で溺れる?


アルゼンチン側からの眺望を楽しんで、宿へ戻る。

f0026094_136992.jpgf0026094_1362013.jpg











『トロピカル・ダス・カタラタス』という名のホテル。もっとワイルドなホテルかと思いきや、コロニアルでクラシカルなリゾートホテルの趣き。ブラジル側の国立公園内にあって滝の真ん前に建っている。「ザーーーーッ」と常に大音量が聞こえてくる。
f0026094_14183.jpg
ブログ上では滝の話がしばらく続いている(シツコイ!)が、翌朝もまた、ホテルから歩いてブラジル側の遊歩道を延々と歩く。1.2キロほどの距離、滝の幅が4キロもあるために景色が千変万化、眺望が目まぐるしく変わる。…そんなわけで目を丸くして、常にニヤニヤしながら歩くことになるわけである。
f0026094_147346.jpg
川に突き出た遊歩道。
瀑布の爆風、水しぶき… とてつもない暴風雨の中を歩く感じ。
しかも、上から下から叩きつけるようにぶつかってくる。

天候・季節・水量にもよるのだろうが、完璧な自己責任の世界(→普通の遊歩道は安全です)。物好きなワタシもさすがに躊躇する。溺れたり吹き飛ばされたりするのではないか、と… だって、立って口を開けていれば結構な水が飲めてしまいそうなほどなのだ。

f0026094_1554432.jpg
←←
それでも結構、
歩く人がいます。













f0026094_1555142.jpg

→→
遊歩道の最奥部。
修験者のごとく、
滝に打たれること
もできます(笑)

前記事、
「ブラジルにいく」
の【3】にある
『悪魔ののどぶえ』

アブナイです…

滝を離れて…
[PR]
by Taragona | 2006-07-12 02:03 |  ⇒ ブラジル旅行

ブログ開設、7ヶ月経過…


なんだか旅ブログのようになってきた(06年07月現在)

とはいっても、クルマブログでもないし、時事ネタブログ、酒飲みブログでもない。単なる”思いつきブログ”なわけで。バランスから考えると、日常ネタとかスポーツネタ、芸能ネタ、料理ネタ(料理しないでしょ!)が少ないか…。

長篇で続ける旅ネタが多い。
実際、写真が残っていて、アルバム化(少しマニアック…)したいといえば、このネタ。視点もカイドブックにあんまりないネタで頑張ったりすると、長期化してしまう。

とにもかくにも、しばらくはブラジル篇。
定期的にごらん頂いている方、しばしお付合いくださいませ。。
[PR]
by Taragona | 2006-07-12 01:34 | ★いらっしゃいませ!

パンク のち 滝つぼ


今週もまた温泉に行ってきた。

ナンダ遊んでばっかじゃないか、と言われそうだが、…いや実際言われているけど…、誘われたら行かないワケにもいかないではないか!

仕事でお付合いのあった方から木曜日にいきなり電話が入る。
「Taragonaさん、土曜にこっちのほう来れまっか?(関西弁) なかなか予約取れない温泉旅館に招待しまスけど。送別会してもらってへんから、来テくださいよ~」

この人、ワタシよりひとまわり以上も年齢が上の方で先月ワタシの住む街から遠くの街に転勤になっていた。一度もプライベートで遊んだことはないのだが、旅行の話しはよく盛り上がったのを覚えている。イヤミのない関西弁でずけずけモノを言うので、ワタシが好きなタイプの人である。
 …しかしまあ、いきなり来いと言われても、遠いし明後日の話しじゃないか!

とはいえ、誘われるというのはとても嬉しい。しかも、その温泉旅館は1泊限定8組のみ、川の滝つぼに温泉が設えてある秘湯! なのだった… 
 う~~ん、血が騒ぐ。。 「いきますいきますいきます!」

f0026094_19172183.jpgところが、ここのところ仕事が忙しくて、土曜も夕方まで仕事、日曜は朝7時半には現場に入らなくてはならない… 

 土曜。金曜前泊の出張から高速で帰ってきて、昼を挟んで別のところへ高速で移動、車(営業車)飛ばしっぱなしで自宅に戻り、ボクスター君に乗り込むと、なんと!! 左リヤタイヤに釘が刺さっているのを発見する…

f0026094_19175383.jpgただちに出発したいのに… 好事魔多し。
しかも、釘が刺さっているのはショルダー部分… 
これって、直らなそうなヨ・カ・ン。。

6千キロしか使用していないミシュラン・パイロットスポーツ。リヤ2本交換となると、高くつくなあ。

案の定、修理不可、だった。
しかも、サイズの合うタイヤは在庫がないとのこと! これは困った。。

時間は15時。
温泉旅館まではフルブーストで(NAだけど)飛ばしていって、2時間ちょいはかかるだろう。

やむなく、トヨタのクルマをレンタルして、小さな温泉宿にむかう。

雨の中、ポルシェ911とバトルしながら(笑・勝ちました…) 
さすが世界のトヨタ、1.5Lしかなくてもイイ仕事をしてくれます。

滝つぼの温泉へ
[PR]
by Taragona | 2006-07-09 19:26 |  ⇒ 北海道・東北・北陸

山形は山だった。


久しく遠出をしていなかったので、山形にでかけた。

f0026094_1235483.jpg
久しく、とはいっても3週間前にディズニーシーに行ったわけだからそんなに久しくもないのだが、旅行気分を味わえたのは久しぶりな気がする。

今回はさくらんぼ狩り。
ちょうど今が最盛期で、真赤な実をつけている。

f0026094_1291453.jpg







鈴生りになっている木もある。
でも、あんまり実がついている木の
それは甘さがない。

山形は蕎麦も有名なので、
蕎麦を食しながら、北へ北へ。
さくらんぼは寒河江にて。



f0026094_1323749.jpg出羽三山に囲まれる宿へ。
←宿のご主人が造ったという
お風呂。

 ↓素っ裸で眺める景色は
  緑深い。f0026094_1345190.jpg


















f0026094_1485377.jpg
ワタシの旅路はたいていバタバタ。
時間ギチギチに内容を盛り込むので、
密度は濃い(が、疲れる)。

今回はのんびりとした旅程を組んだので、
風呂にも4回!入り、
文庫本をゆっくり読んで昼寝もできた。
(←ピンが合っていないのはご愛嬌…)


ペンションは久しぶりだったが、大当り!
宿のオーナーは気さくだし、ロケーションも
抜群。酒盛りをして、W杯を観る。。

山形は山なのだ! 【続き】
[PR]
by Taragona | 2006-07-03 01:50 |  ⇒ 北海道・東北・北陸