excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

3年間の休職


3年間仕事を休めたら何をするだろう。


*************
【26日:共同通信】
『夫の海外転勤で辞めないで 丸紅、最長3年の休職制度』

丸紅は、配偶者が海外転勤になった場合でも、社員が退職しなくても済むように、最長3年間の休業を認めるなど、社員の育児・介護を支援する制度を強化すると発表した。7月から適用する。丸紅によると、配偶者の転勤に伴う休業制度は日本企業では珍しい。「少子化を見据えた労働力の確保や、女性社員の活用が目的」としている。
 
新設する「配偶者転勤休業制度」では、例えば夫が丸紅以外の企業で働いていて海外転勤になった場合に、妻が転勤に同行できるよう休暇を取れる。休暇の後も速やかに復帰できるようにする―――

*************

これ、いいよなあ。
出産・育児休暇と違って時間のやりくりはできそうだから、家事はもちろん趣味や勉強にも励めるのではないだろうか。

3年間休みがあったら… う~~ん。。 副業を始めてしまいそう(笑)。
あとは、大学で再び勉強をしたい。政治と経済、そして語学。
旅行や趣味は、案外しないかもしれない。3年の間にするようなことではない気がする。

しかし、3年も経ってしまうと、同じ職場の同じポジションでも仕事の環境(人員構成や仕事内容など)が大きく変わってしまって、職場復帰がツラそうだ。
日本人の就業意識からすると、あまり馴染まないかもしれない。

ワタシの会社でもこれ、やらないかなあ。
!、!! …そのまえに海外転勤などありえないのであった。。(なんだそりゃ)
[PR]
by Taragona | 2006-06-27 21:38 | ★ひとりよがり

ブラジルにいく【3】滝とサン・パウロ


ブラジルといえば先日のW杯。う~ん、王者強し、であった。
玉田の先制弾に感動したけど、ブラジルの果敢な攻撃はスゴかったなあ。川口のスーパセーブも光ったが、思いのほかの大敗を喫した。。う~ん、また次回だ、がんばれ日本!…
 …そうそう、旅行のハナシであった。

イグアスの滝はデカイ。
幅が4キロもあるのだから、場所によってだいぶ景観が異なる。
そして、そのクライマックスがその最遠部『悪魔ののどぶえ』だ。

f0026094_1385514.jpgアルゼンチン側から眺望できる『悪魔ののどぶえ』へゆくには、国立公園内を走る鉄道に揺られねばならない。

ちょうど、黒部のトロッコ列車のような鉄道だ。

南米、しかも緯度もだいぶ南(日本でいう『北』)だ。 早春9月で気温も上がらないので、少々肌寒い。
f0026094_144715.jpg
河に架かる遊歩道を数百mほど歩くと、遠くで轟音が響き、水しぶきが上空まで舞い上がっているのが見える。










そして、いよいよ『悪魔ののどぶえ』。

f0026094_1511744.jpg


f0026094_151277.jpg


全体が写真に収まりません! 続き→
[PR]
by Taragona | 2006-06-25 02:11 |  ⇒ ブラジル旅行

雨をよけて… ~幌車の悩み~


梅雨がはじまった。

毎年「ジメジメしてうんざりですよね…」などと挨拶をしてみたりするが、
案外キライじゃない。外は雨、家でのんびりコーヒー、これ楽し。
クルマのワイパーをフル稼働して雨の中を疾走… これまた楽し。
学生の頃だったら、部活中止だったり体育館で筋トレになったりだとかか。それはそれで新鮮なキブン。 …雨空も悪くない。

しかし話は今年の梅雨。2006年6月のことである。
傍らにいる愛車:ボクスター君の屋根は『幌』なのである。
幌って、あの布製の覆い、のことですね。

クルマは外を走るものなので、当然雨にも濡れれば鳥フンの直撃も受ける。そして、ドライバーがやんちゃ?なこともあり、海にも山(雪山)にも連れて行かされるわけで、布製の覆いではクルマがカワイソウだ。

あと経年変化で、直射日光による色あせとか幌のほつれなんかもカッコ悪い。
外を走るものなんだからしゃーないじゃん、と言ってしまえばそれまでだが、せっかく幌の色も選んで内装色も合わせて… とやったのにやはり悲しい。。

f0026094_12283026.jpg
ということで、タワーパーキングを契約したわけなのだが、なんと! 最近の流行なのか、原因不明のエレベータ故障で契約停止となってしまう。

おいおい!
この梅雨空の下、キャンバスを持った少年が傘も持たずに屋外に放り出されてしまうというのか!(なんのこっちゃ)


じゃあ他の屋根付き駐車場だ! と探してみるも満杯だったり遠かったり、設備が旧かったりと納得の物件がない。あと、近々に異動の可能性もあったので、敷金礼金払ってというのもちょっとバカくさい… 

カバーがあるじゃんか!?
[PR]
by Taragona | 2006-06-18 12:47 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター

東京ディズニーシーで遊ぶ


いやはや。遊園地である。
f0026094_2252470.jpg

遊園地、なんて言うと古臭いか。
なんてゆうのかな? …遊園地、か。やっぱり(笑)。
東京ディズニーシーは今年5周年だそうだが、ワタシは初めて行った。

行ってみると紛れもなく楽しいが、行くのはなかなかに億劫… 遊園地というとそんなイメージだ。絶対に楽しいのは知っている。しかしあの人ごみ、待ち時間、金だってそれなりにかかる。小さい子持ちならまだしも、それもない。 
う~ん、積極的に行こうとはならない。

ところが、転機が訪れた!
先月に出席した結婚式の2次会。
飲めや騒げやのアトラクション、である。

こうなったら騒ぐしかない(いつもこれだよ)。カワイイおねえさんと仲良くなるか、はたまたアトラクションで目立つか… 2次会ではこのいずれかに賭けるしかない(爆)。
 …とはいっても、カワイイおねえさんと仲良くなりたくても1人の意志(ワタシですな)だけではどうにもならないのでアトラクションで目立つことにする(笑)。

勝ち抜き制のゲームである。第1回戦はビールのイッキ飲み。そして2回戦は熱々のカップ麺イッキ食い(しかも、汁まで飲んでカップを頭に被ってゴール)。 …やめようよ、こんなの… な~んて言いながらも、この手の勝負は意地でも勝つ!(笑) ジャンケン勝負や知力勝負は弱いが、セコイ勝負事だったら強い!!(ダサイ…)

この優勝商品がディズニーリゾートのチケットだったのですね。
買ってまでは行きたくないが、もらってだったらぜひぜひ行ってみたい。
そんな場所、遊園地。その意地汚さで2位以下を大きく引き離し、圧勝する。

行ってみると…
[PR]
by Taragona | 2006-06-11 23:20 | ★たび 【国内あちこち】

秋田男児殺害の視点


驚愕、であった…

ああ、その結果だけはやめてほしいな、という結着だった。
おもわず眉をしかめる、近しい存在であった容疑者の逮捕。

反面で、週刊誌もこぞって嗅ぎつけていたという状況。マスコミの過剰報道対応の裏には、早い段階から県警内部で容疑者が固まっていたのだろう。確たる状況証拠を待って、秒読み段階の逮捕劇だったに違いない。でなければ、あそこまでの報道陣が張り付かない。

ワタシ個人としても、非常に悲しく見守っていたニュース。

その後の捜査進展が気にかかって情報を集めてみるとメディアにおいても視点がさまざま。今さっき段階で、ネットの検索に引っかかった狭い範囲、かつ新聞メディアに限っただけでも、その切り口=視点は異なる。

●『何が隣人の犯行を招いたか』  神戸新聞
●『女児水死とつながりは 』     中国新聞
●『親が親でなくなる恐怖』      岩手日報
●『慎重に捜査を進めたい』     信濃毎日新聞


それぞれ各紙を見てみると、着眼が本当に違う。
ワタシごときが優劣をつけるなどおこがましいしそういう意味合いではないが、共感できるできない、要するに好きか嫌いの部分が見えてくる。

以下は、ワタシの勝手気ままなる視点です。

信濃毎日はバランス良く既出の情報を詰め込んで、メディアへの自戒も踏まえて書いている。わりあい事実を淡々と、だろうか。早い段階での記事なので、あんまし強い独自の視点はない。
岩手日報は親と子、そして家族という視点。隣県だけあって同様のコミュニティ意識(同じことが起こりうるかも…)という部分の警鐘を含んでいる。でも、日本社会という視点まで持っていったのは月並論?

ワタシが非常に秀逸かなと勝手に思い込んだのが、中国新聞の社説。容疑者の心理、そして事件が起こるまでのプロセス、県警捜査陣へメスを切り込んでいる。切り口スルドイ!

人は人を殺さないものだと私はおもう。
戦時中だって、狂気の中での殺戮であって、楽しんでやっているわけがない。

滋賀の幼児殺害にしても、まさに狂気の沙汰。女性的な(差別ではありません)ストレス、ヒステリックな内面だったとおもう。今回の秋田事件もそうなのかもしれない。男性は衝動、性的サディズムが殺人に直結することが多いような気がする。いずれにしても、狂気の沙汰であることは間違いなかろう。

話しを戻して…
神戸新聞も容疑者の内面をうかがう論調だ。身近な存在も危険だ、と皮膚感覚で書いている。そのぶん、中国新聞に比べて穏やかな書き口に感じる。

***********
素人が勝手気ままに申しました。失礼しました!


亡くなった子供さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by Taragona | 2006-06-07 00:15 | ★ひとりよがり

近いうちに食事でも…


近いうちに食事でも… よく聞くビジネス用語だ。

****************
【朝日新聞 6月1日】『「ちょっと一杯」は何分? 「近いうち食事」はいつ?』

 「ちょっと一杯」と言えば1時間20分、「近いうちに食事」だったら1カ月後――。6月10日の時の記念日を前に、シチズン時計が全国のビジネスマンとOLに時間感覚を尋ねるアンケートをし、そんな結果が出た。
 ◆あいさつ代わりの「近いうちに食事をしましょう」の質問には、1カ月後が約4割。次いで1週間後に4分の1の回答があった。一方で2割近くが「実際にはしない」と回答。「近いうちの食事はあてにならない」といい、外交辞令として使っているようだ―――


たしかになあ。
近いうちに食事でも… って実現しないことが多々ありがちだ。ワタシ自身はこの用語を使わないようにしている。だって、1ヵ月後 ってそもそもノリ気じゃないってことじゃん。だったら言わなきゃいいのに。

一緒にメシを食いたかったら、「じゃあ今夜! …ムリですか。それなら明日の晩あたりどうですか?」でいいじゃないの。お世辞はヘーキでいうけれど社交辞令はキライ。だって、お世辞は見え透いてなければ喜ばれるけど、社交辞令は見え透いている分無駄な言葉だしガッカリさせられる。


**************
【同・引用】

 ◆勤め帰り時の誘いで口にする「ちょっと一杯」は1時間が最も多く半数近くを占めた。2時間以上長居するのは全体の4分の1だった。―――


ちょいと1杯 は断固1時間!
ワタシは「ちょいと1杯」とは言わずに、「じゃあ小1時間、飲みにいこうか?」と誘います。さらにいうと、ボスから「ちょっと飲みに行くぞ」と言われたら、「(1時間後の)9時くらいまでですね、OKです。よろこんで!」と答える。

このまえ1時間をだいぶ過ぎたタイミングで、ボスが「じゃあ、あと熱燗1合!」とオーダーしかけた日にゃあ、「ダメです。今日はちょいと1杯ですからこれで切り上げましょう。ママ、今のキャンセルね!」とオーダーをキャンセルさせたくらいだ。→エラくはなれませんな(笑)

ちょいと1杯、なんていうときは、たいてい話すことや用事もないのに飲むときの決まり文句だ。こういう酒はムダ酒。『飲むュニケーション』は大事だけれど、ダラダラ飲むのはいけません。時間と金がもったいない。たとえ距離が縮まったとしても、翌朝は覚えていない飲み方になりがち。

時間の使い方って人それぞれ…
[PR]
by Taragona | 2006-06-06 01:51 | ★ひとりよがり