excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

松下電器からの心からのお願い


松下電器からはがきが届いた。

【一部抜粋:産経新聞】松下電器産業の石油温風機による一酸化炭素(CO)中毒事故で、同社は回収を進めるため、全国のすべての世帯と宿泊施設の計六千万軒に郵送する告知はがきの印刷作業の追い込みに入った。松下電器広報グループは「できる限り多くの人に危険性を知ってもらい、最後の一台まで探し出したい」と話している―――

ポストから取り出したとき、正直「ここまでやるか、松下」と驚いた。
10名もの死傷者を出したのだから当然といえば当然なのだが、家電王国・松下のプライドが感じられる。

11月末に大きく報道されて以来、遅い公表に加えて修理ミスが重なり企業の社会的責任(CSR)や危機管理が問題視された。

だけど、年末のTVCMを全部「松下からのお願い」に差し替えてかなりの認知は獲得できている。認知度調査でもほぼ100%に近い人が危険性を知るに至ったという。そのうえでの日本全国民への郵送作戦なのである。

最近はTVを見ていないのでわからないが、年末はプラズマテレビの「VIERA」や浜崎あゆみの「LUMIX」のCMなんて一度も見ていない。200億円ともいわれる温風機事故対策費のうえに、販売低下やブランド価値ダウンも含めれば数千億円の損失だろう。しかも、プラズマテレビでいえば、液晶テレビ=シャープとの主導権争いも真只中なわけで、将来的にも大きな痛手になりかねない。

実際、年末商戦ではプラズマが強い40型以上の大画面テレビで液晶テレビにシェアを奪われている。
【ロイター記事『年末商戦で40型以上は液晶テレビがプラズマテレビを上回る』:→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060117-00000970-reu-bus_all

とはいえ、松下。
昨今の某IT企業の不祥事や西日本の某鉄道会社の大惨事など、企業の責任が問われる中での徹底的な対応姿勢はワタシは評価に値するとおもう。死亡事故を起こしてしまったことは許されることではないが、松下電器の猛省に免じてこれ以上温風機の死傷者が出ないことを祈りたいものだ。
[PR]
by Taragona | 2006-01-29 00:32 | ★ひとりよがり

3ヶ月で7キロ減!ダイエット考【2】


ダイエット作戦第2弾は寒天ダイエットである。

寒天ダイエットは今ではかなり有名だが、火付け役はおそらくフジの「あるある!発掘大事典」だろう。ワタシもそれを見て挑戦することにした次第だ。たしか寒天は吸湿性が高くノンカロリーで腹持ちがよい、そして脂質とか糖質も燃やしてしまうから激痩せをするのだ!ということだったような気がする。

これは1ヶ月ほどで断念。そもそも自宅でご飯を食べないので2~3日に1回食べたのではハナシにならない。あとあんまり寒天は美味しいものではない。

☆ここで、万物を科学してみる(ずいぶん大きく出たもんだ)。

固体も液体も気体も、エネルギーの交換を行っている。
そして、流入したエネルギーは同じ量流出(消費)する。
熱エネルギー(入射と放射、伝導)もそうだし、力エネルギー(作用と反作用)もそうなハズだ。

となれば!
人間のカラダも、供給エネルギー①=消費エネルギー②が成り立つ。

最初にやった運動ダイエットは②である。ただし、疲れる。
2度目にやった寒天は①を減らす努力である。でも、食べる量を格段に減らすわけではない。

あと、そういえば。①と②のまんなかにあるダイエットもある。
磁力で痩せるとか、昔流行ったベルト振動のダイエットなんかがそうだとおもう(実践なさっている方ごめんなさい。ワタシの勝手な解釈です)

食べたいものは食べる(①を減らさない)、カロリーは消費しない(②も減らさない)というダイエット法なわけで物理的になさそうにおもう。たしかに、『火事場のバカ力』とか『霊感・直感』などもあるから非物理的要素も作用はしそうだけど。

そこで、3ヶ月で7キロ減った減量作戦なのだが、

More
[PR]
by Taragona | 2006-01-26 02:35 | ★ひとりよがり

時計とクルマと浮気性


ある女性が面白いことを言った。

「時計とクルマが趣味のオトコの人は浮気性だって言いますよネ」
…そうなのか?そういうものなのか?!はじめて聞いた。

いや、待てよ。
ワタシはその時その初対面の女性と雑談をしていた。初対面ではあったが、かねがね美人な方だと聞いていたので、おもわず開口一番に「お綺麗な方ですね」と誉めたのであった。
 
ワタシは結構そういうことを平気で口走ってしまう。だって、照れくさいじゃないの。前もって断り?を入れておいたほうがリラックスして話せたりする。
 しばらく話しをしている中で『クルマ好きであること』を話したところ、冒頭の言葉がでてきたわけである。

う~ん。それって牽制?
「軽口でクドいてくる人は相手にしませんですことよ」という意味なのかもしれない。…いえいえ。口説くつもりで言ったんじゃないんだけど、よくよく考えてみるとストレートな物言いはえてして誤解されやすいモノ。。

 それはさておき。
 事実なのだろうか。

More
[PR]
by Taragona | 2006-01-26 01:21 | ★ひとりよがり

3ヶ月で7キロ減!ダイエット考


Taragonaダイエット作戦はただいま快進撃を続けている。

以前、ダイエット関係のTBを頂いた際にハナシになったので、ここはひとつ”ダイエット考”を。昨年夏、なんぼなんでも減量せねば、と思い立ち3ヶ月で7キロ減、目下維持中というのがワタシの状況である。

ワタクシTaragona、特段肥満ぎみというわけでもない。
むしろ、わりかし上背があってトク?な体型をしているほうだ。

…体型といえば!
ツマラナイ話しなのだが、なんとワタシはあの!吉田栄作と体型数値はおんなじなのだ!
 
あれはダイエット中の昨年9月頃、訳あって吉田栄作氏(そういえば…おわかりですよね?トレンディードラマに出てた俳優さんです。「もう誰も愛さない」とか。ナツカシー)とお会いする機会があって、事前に頂いていた彼のプロフィールを見てビックリ!
 …身長、体重(その時点の)、血液型、さらには胸囲が一緒なのであった。

ワタシは一瞬、考えた。
いつもの調子でなれなれしく「いや~、偶然なんですけど体型のデータ同じじゃないですか。顔はまったく違いますけどねー。アハハ~」、なーんて調子で話題をふった方がいいのか否か。

このことを彼に言えば考えられる状況は3つ。
①距離感が詰まってわきあいあい ②「なんでオマエみたいなのと一緒にされにゃならんのじゃい」と雰囲気険悪 ③吉田氏、困惑
 …感じの良い方だったので②はないとは思ったがおとなしく自己満足の世界に浸ることでよしとする。

ちなみに、ウチの会社の女の子にその話しをしたら、あ、そうですか、と冷たくあしらわれました(そりゃそうだ) 実際、そのあとに公開された映画「亡国のイージス」(日本ヘラルド・松竹共同配給 http://aegis.goo.ne.jp/)を見たら顔は当然だけどスタイルがめちゃくちゃ良い。顔が小さすぎる!

それはさておき… いまでは彼より2キロもスリムなワタシのハナシである。

More
[PR]
by Taragona | 2006-01-25 01:58 | ★ひとりよがり

レクサスいまいち


ニューブランド「レクサス」の販売が、目標の半分だったらしい。
(日経ビジネス誌:http://nikkeibp.jp/wcs/j/biz/420022)

【一部抜粋】昨年、にわかに活気づいた日本の高級車市場。これまで、ドイツの「メルセデス・ベンツ」「BMW」「アウディ」などの輸入車が独占してきたこの市場に、トヨタ自動車が「レクサス」を投入したのが引き金となった。ところが、2005年の販売台数を見れば、レクサスの販売台数は目標の半分程度にとどまった一方、ドイツ3社は前年比で台数を伸ばし日本での根強い人気ぶりを改めて見せつけた。日本自動車販売協会連合会などによれば、レクサスは8月30日の発売から4カ月余りで1万293台を販売。これは、当初目標として掲げた「2005年中に2万台」の51%だ ―――――

やっぱしという気がしないでもない。
ワタシもショールームには何回か足を運んだが、いままでのトヨタと比べて「ここがプレミアム!」という格別感が感じられなかった。日本車としての良さを詰め込んだ感はあるのだけれど、外国車のような”強いベクトル”というのが弱いのだとおもう。

レクサスカーには乗っていないけれど、社有車として使ったマークⅡ(Xではありません)やアルテッツア(ISではありません)の印象からすると、トヨタのエンジンって素晴らしいとおもう。静粛性に振るというのは日本車ならではとしても、耐久性はもちろん回転フィールだってとてもよい。

マークⅡの6発はシューンと回るし(結構シルキー)アルテッツアの4発はクォーンとなかなかイイ音を出した。ほら、高速でカッ飛ばすマークⅡって昔から多くありません?追い抜いてついてくるのってスポーツカー・外国車を除けば、マークⅡ率ってかなーり高いとおもう(笑)

閑話休題。
ズバリ、レクサスのデザイン・内装がワタシはいまいちに感じられる。そこがトヨタと一線を画したブランドイメージを追及できなかった原因ではないか。だって、旧ソアラがSCになって50万円もプライスアップしたけれども、それでエクステリアや内装の質感って上がったわけじゃない。(最近良く見かける、IS、街を走っていると結構存在感ありますね。デザインは結構イイのかも?!)

あとはラインナップを早めに拡充して欲しいですよね。
あるレクサス店のオーナーと話しをする機会があったのですが、ラインナップが少ないことが販売会社ではツライとのこと。しかも、北日本・日本海側の店舗にとって4WDの設定がないのは今の時期大変らしい。
 レクサス、がんばれ!
[PR]
by Taragona | 2006-01-25 00:39 | ★ひとりよがり

ビールとバイエルンとアウトバーン/ドイツ【3】


レンタカーを取りに空港内駐車場へゆく。
f0026094_23122331.jpg
鍵と引き渡し場所が書いてある(らしき)紙をもらって駐車場へ。旧いボルボS80だとイヤだなあ、と思ったが、よくよく考えてみればS80の発表はつい最近だったということを思い出した。

案の定、探し当ててみると真新しいS80。しかも走行距離440kmのおろしたてだ。内装も本皮シートにナビ、電話、サンルーフとイロイロついている。なかなか頼りになりそうな相棒だ。

 空港駐車場を出ると、程なくして高速道路の標識(らしきもの)が見えた。
 左ハンドルは日本でも乗っているので慣れているとはいえ、右側通行しかもドイツ語表記の標識はパッと見でわからない。あと信号で赤から青になるタイミングで一瞬黄色になるのには最初意表をつかれた。READY、の意味なんだというのは知っていたが、すべてが未体験である。

f0026094_2339437.jpg……とはいえ、
10分も走れば慣れるモノ。

とりあえず現地の地図がないので入手するためにガソリンスタンドへ。ドイツのガソリンスタンドはコンビニの役割も果たしていてさまざまな買い物ができる。そういえば、南ドイツをほぼ1周したけれどコンビニは見かけなかったなあ… そのくらいガソリンスタンドが多いのです。

まず目的地は古城で有名なハイデルベルクにする。
フランクフルトからアウトバーン5号線で80キロほど。
もう日が暮れつつある。日本時間で深夜2時位だ。いい加減疲れた。

ところが、である。
早く着きたいと飛ばすのだが行けども行けども同じ街の標識ばかり出てくるではないか!

More
[PR]
by Taragona | 2006-01-22 23:57 |  ⇒ ドイツ旅行

NOEVIR&アジアンビューティ【化粧品CM考】


化粧品CMのインパクトはなかなかである。

以前のMyブログ記事『篠原涼子と資生堂』、なんとな~く記事を書いたのだがトラックバックもあったりさまざま検索にひっかかったりと、関心が高い話題だったようだ。

たしかに女性の最重要関心事であると思うが、化粧品CMそのものも印象に強く残りやすいものが多い。美の追求=視覚的イメージの訴求なわけだから当然そうなるのだろう。しかも、メーカー側も潤沢な広報予算を持っていて、高視聴率番組にはおおむね番組提供をしているから露出自体もかなり多い。

他に好きな化粧品のCMといえば、いのいちばんにNOEVIRである。
http://www.noevir.co.jp/new/cm/history2.htm#b_ice

マルーン5の『SHE WILL BE LOVED』のサビの部分が流れはじめ、映像は飛行機のコックピット、スルスルと音もなく(実際は爆音だろうけど)飛び立ってゆく小型ジェット、そして透明感のある白人女性がその美しい機翼を見送る… ブルーとホワイト、それこそアイスランド(過去記事参照)のイメージでとてもクールで開放感のあるCMだ。

そもそもこの歌が好きだ。セクシ-な声なんだけどどこか乾いたサウンド。奔放で魅力的な彼女に惹かれた男の葛藤を歌っている。

 ♪:どしゃ降りの雨の中、あの角で毎日君を待ったって構わない
   疲れたような笑顔の君をみつけだして
   しばらく一緒にいようよ、と言うから
   君は愛される。かならず愛されるから。

う~ん、甘~~い!甘すぎる!…ちょいとピュアな歌詞ですね。
あと化粧品CMといえば、ASIENCE・アジアンビューティ!

More
[PR]
by Taragona | 2006-01-21 03:44 | ★ひとりよがり

世代はめぐりワタシもかわる?


講演を終えてきた。

以前記事にも書いたとおり、学生向けの仕事・就職に関するセミナーの講演だ。今住んでいる場所と講演場所がだいぶ離れているので早めにでかける。ところが、勝手知ったるハズの町が大きく変貌を遂げ、街並みや通りがかなり変わっていて遅刻しそうになる。歳月人を待たず。”人を待たせる”ことがなかったのがせめてもの救い。

講演は1時間、そのあとに1時間半ほど質疑応答・討論があった。

オドロキさまざま。
最近の学生さんはおとなしい。講演のときも討論のときも熱っぽさがない(というか講師が悪かった?)。…と思っていたのが、会が終了するやいなや個人相談にくる学生が思いのほか多い。あれ?ちゃんと聞いていたんだ!?と驚く。

そのあと先生方との夕食会があったのだが、予定を変更して学生との懇話会にしてもらう。いやはや。1対1や少人数になると”思いの丈”を熱く語り始める学生たち。

昨今「勉強のできる優秀な子供の犯罪」だとか「いきなりキれる子供たち」など、オトナが感じ取れない内面を持つ子供のニュースが多いがたしかにそのような気がした。狭く深い内面を持っている、そう感じられた。→ただし、さらに裏を返せばわからないのはあたりまえなのだけど。。

ひとり、印象に残る学生さんがいた。
世界一になりたいと思っている夢があるという学生さんで、そのまなざしは真剣だった。…今週は『世界一の企業』をめざすといった某企業の某社長に翻弄された日本だったが、その”キモチ”と気概はなかなかスゴイとおもう。ハッタリだとしても、周りの人間に広言することのできる人はそうそう多くはない。

とにもかくにも。
学生だったワタシもそれなりに歳を取り、幼いと思っていた年下のコドモたちも大人になろうと頑張っている。なにが正解でなにが間違いなのか、それがわかりづらい時代にあると思うけれど、学生さんたちには頑張って欲しいとおもう。
 そして、私自身も頑張らなくてはならないなあ、と痛感させられた一日だった。
[PR]
by Taragona | 2006-01-21 03:41 | ★ひとりよがり

Myボクスターの仕様【2】


さて。オプションはどうしたものか。

内外装の色を決めても終わりではない。追加装備(オプション)をどうするかも考えなくてはならない。事前にブログなどでチェックはしていたが非常にオプションは割高である。
f0026094_364495.jpg
 【内装:実際はサンドベージュというベージュ色を選びました。前記事参照】

まずは、必要最低限欲しいというものを考える。
キセノンヘッドライト、リヤウィンドディフレクター(風の巻き込みを止めるもの)、カーナビ。そんなところであろう。オートエアコンは私の場合マニュアル操作で使うことが多いのでいらないし、シートヒーターって、う~ん。いらない、カナ。

装着率の多いシートヒーター。オープンカーは初めてなので具体的にどこがどう寒いのかはよくわからないけれど、そう!確かにワタシは冷え性だ。。でも!冷えるのは手先・足先だけだ。ところがシートヒーターで暖かいのはカラダの背面。う~ん。。腰が暖かいと全身が暖かいのはわかるケド… …あとで後悔するのもそれまた勉強、それまた人生。…着けないことにする。

あと欲しいといえば、PASM(電子制御のダンパー)と6速。これは価格設定がオトクだとおもう。ドライビングプレジャー優先でもあるので装着決定!あとはホイールだけれど、これは純正17インチでOKですね。冬タイヤを履いて乗ることを考えると、夏用に18インチを後で買って冬用ホイールに使う。デザインもそんなに悪くはないし。

ということで、ワタシの場合は他のオプションは思い当たりませんでした。センタークレストキャップとか皮巻きステアリングとかもイイかなあとは感じましたが、絶対着ける!という天の声が聞こえなかったので着けないことに。

そんなこんなでオプションは
☆バイキセノンヘッドライト ☆リヤウィンドディフレクター ☆カーナビゲーションシステム+ETC ☆スポーツパッケージ(PASM+6速) あとは、フロアマットとかメタリックペイント代金。
 『お気軽プラン~スポーツパッケージ~』というカンジでしょうか。
[PR]
by Taragona | 2006-01-19 03:07 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター

あなおそろし株式市場【記事補足】


本日も相場は下がりに下がって一時700円を超える暴落となった。

14時40分には東京市場は全銘柄売買停止という前代未聞の事態に発展。値下がり銘柄もストップ安となる銘柄も多くまさに混乱の一日だった。経済の基軸はお金で動いているが、それを動かすのは人なのだなあ、と改めて痛感した。

というのは、ワタシの勝手な考えだけれども……
まずライブドア。NTTの和田社長が「われわれの常識からすれば(ライブドアが実施してきた)大きな株式分割は異常だと前々から考えていた」と述べていたとおり(時事通信・20時報道)特異な錬金術を利用した企業経営陣(ライブドア)と、それに乗っかってしまった市場側。

本来の株式というのは、その会社の将来性に期待してその企業に資金を援助するというモノであったはずだ。ところが、ライブドアの大量株式分割でなんと700円もあれば1株変えてしまうというお手軽さだったのだから。株式に対する敷居は低くなるのはいいけれど、その企業のことをわからずにコンビニエントに出資してしまうというモラルハザード。
 結果、株主が多くなり過ぎ、売買超過に至ったということだろう。

そして、東証。
ネット証券会社が増え個人投資家がうなぎのぼりに増えていたことは数年前からわかっていたはず。なのになぜ、小口注文増=約定数増を予見してシステム対応をしてこなかったのか。株式売買を活性化し、企業経済・日本経済の発展の窓口的役割を果たす”市場”のはず。後場で買いが入ってきたにもかかわらずの売買停止。資金の流れを止めてどうする。外国人投資家に呆れられるだろう。

いやはや、とにもかくにも魔物が棲む株式市場。
その魔物とは、強い欲望や甘い判断にまやかされる”ヒトノキモチ”というもののように思う。なんとか景気回復基調が霧散しないことを祈るのみだ。

※ありゃりゃ。2日続けて同じようなネタになってしまった。。しかも株ブログみたいになっているし…
[PR]
by Taragona | 2006-01-19 02:16 | ★ひとりよがり