excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


脱皮


f0026094_226503.jpg
いよいよ、引越しをする。


一部屋一部屋明りを消してゆくように、 静かに終わりが近づいている。


この街で出会った人や店や
景色、そしてこの部屋から
離れる。




この街で過ごした5年間。
短いようで長かった。
幸福で印象深い日々だったし、うんざりし苦痛も味わった。

******

すぐに片付くだろうとタカをくくっていた会社のデスクは、
休日返上で3時間かけて整理しても、まだ半分以上片付かない。

過去に積み重ねてきた仕事の痕と向き合いながら、
シュレッダーをかけたり、後任への引継ぎ書類をファイリングしたりした。

******

自宅の引越し準備にも取り掛からなくてはならない。
いつも見慣れた、自然な光景。

ソファーに座り、手を伸ばせばブックシェルフがあり、旅の雑誌や自動車雑誌が挿してある。眼の前のガラステーブルの上にはいくつかのリモコンが新聞とともに置いてあって、 昨夜飲んだワインのボトルとワイングラスが2つ。薄いグラスは触れ合うと良い音がする。 TVのある壁には、もうとっくに正確な日にちを示していないカレンダー付時計が掛かっていて、コチコチと大きな音をたてている。



どこからどのように手をつけていいか悩む。



その完璧に調和の取れた、まるで絵のように固定された風景を切り取ってゆく作業。いや、むしろ破壊する、と言ったほうが正しいのかもしれない。
破壊し、廃棄し、忘却する。それが、引越しというものの本質だとおもう。

******

お世話になった人に別れを告げる日々だ。
仕事上の付き合いは勿論、その合間を縫ってプライベートで付き合った
人々にも さようならを言ってゆく。


私の性分なのか、節目節目でキッチリと言葉で伝え、
自分の中で整理をしてゆかなくては気が済まない。
さようならの一言が、本当に、一生でもう逢うことのない死別を
意味することがある。

距離や時間や環境の疎遠は、いつだって超えることができる。

 世界の果てにいても会おうと思えば、数日あれば再会できる。
 会うことのなかった時間は、再会した瞬間に意味を失う。
 家族を持とうが、犯罪者になろうが、会おうと思えば会える。


『生きている限り』、は。


******

よくひとりで出かけた飲み屋を一軒ずつ、挨拶して廻っている。
「しばらくはもう来れませんが、また必ず来ますから」
私は、小料理屋やこじんまりとした居酒屋が好きで、そういう店はたいてい
調理人がオーナーを兼ねている。

厳選された味。吟味された装飾。ほっとする雰囲気。
その空間に、再び出会う約束をすることに幸せを感じる。

 どうかこのままで居てください。
 どうかこれからもいられますように。
 そんな願いにも似た幸せだ。

*******

引越しの日まで2週間を切った。
今のポジションでの仕事納めまでは、あと4日。
静かにひとつひとつの灯りを消し、暗くなってゆく寂しさを感じている。
そして、扉を全部閉じ、次の扉をおもいっきり開けるのだ。



一皮むける、という表現がある。
経験や試練を経て、一段階進む、という意味だ。


『脱皮』
今、私はそういう局面にあるのかもしれない。
ふと外を眺てみると、下弦の月が徐々に小さくなってゆくのが見えた。
[PR]
by Taragona | 2008-02-24 22:17 | ★ひとりよがり
<< しばらくお休み。 地球にやさしく? ~エコバック... >>