excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クルマの売却は買取?オークション?


売却戦も佳境に入る。

といっても、最近流行のM&AやらTOBのハナシではなく、マイBMクンの売却交渉の話しである。大切に乗ってきたわけだしボクスター1泊ツーリング分くらいの原資になるやもしれない。
 そこで、オークションや買取店、外車直販店にあたってみることにする。

手始めに「オートオークション」にトライ。
これは、業者オークションに代理出品をしてもらうというもので、買取店に比べて中間マージンがない分高値が期待できそうな売り方だ。

ところが、2度トライして2度とも落札されず。
入札はあったのだが希望落札額を上回らなかったのである。結構むずかしいものだ。売れ筋の車で競り合えば高くなるのだが、希望落札額の設定も考えなくてはならない。……あえなく撃沈。

今度は「買取店」にアタック。
昨年のボクスター注文時に、オドロキの高値を付けたディーラーをさらに上回る最高値を付けた買取店にまずは行ってみる。

この買取店というシステムなのだが、ひとつわかっていることがある。
それは、査定者の得意不得意分野が査定に響くということである。昨年9月に査定してくれたその買取店の店長さんは外車が得意だった。通常のセールスマンであれば平均相場に準じて駆け引きはあまりしない。ところがその店長さんは平均相場になんと2割ほど乗せた数字を出してきたのだ。買い取った後の売却先が見えていたのだろうけどなかなか判断力のある人だった。 

その人なら期待できると勢い勇んだのだが、なんと退職したという。ガーン。。
しかも、私のPC担当が辞めたと聞いたばかりなのに。なんということだ!頼みの綱がいっきに2本切れてしまった。。

出てきた数字は相場並み。やっぱり。
そして、他の買取店も相場並み。相場並み。相場並み。
 聞くところによると、ワタシのBMくん7万キロを超えているのがネックのようである。2人のセールスマンに言われたのだが、国産車は10万キロ、外車(ドイツ)は7万キロというのは大きな一線らしい。なにぶんにも多いときは年間2万キロを走ってしまうワタクシ。そう言われてもなあ…

最後に外車直販店に直接持ち込む。
どうだ!置いて帰ってもいいでっせ!すぐ売れますぜ!と伝えるが、「2月の仕入れ分はもう充分。(ワタシがハッタリで言った)買取店の金額は高いのでムリ」とブラフをあっさりとかわされる。

素直に、ボクスター購入ディーラーに下取りで入れようかなあ… 
でも担当が替わって時間経過による再査定となれば思いっきり下がりそうな予感。前担当者は買取店も驚くほどの非常に高査定なのでありました。

う~ん。。。
そういえば、一つ隠し玉を思い出したぞ。
いまが旬の某買取店があったではないか!…さっそく明日アポを入れてみた。
[PR]
by Taragona | 2006-02-05 22:37 | ★クルマ いろいろ
<< 『夜王』にハマりマン喫 行方不明のボクスター氏、愛知県... >>