excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コート・ダジュール、ラプソディ【5】 ~世界の車窓から~


f0026094_051646.jpgミラノの夜。

明けた早朝には、モナコを抜けて
ニースへと向かう。

今回は、①鉄道の旅 ②地中海を見る ③その他 というのが旅の目的なのだが、

そもそもまだ列車に乗っていないし、
地中海も出てきていない。



このていたらく、誠にもって遺憾の極みであり、
みなさまからも「まだ?」と温かい(笑)言葉を頂戴し、
続きを書くことに替えさせて頂きます。…ごめんなさい。。

*******
今回の旅の目的は、連載【1】のとおりで、

>『世界の車窓から』って、テレ朝で放送していますね(終わった?)
>アレ、なんかいいですよね。
>ノンビリ、電車に揺られながらマイペースな旅。
>ということで、今回はレンタカーなどを借りず、
>①鉄道に乗って旅すること は大条件。

である。


ということで、【世界の車窓から】―――


♪「今回の旅は、イタリアのミラノから、モナコ公国を抜け、フランスのニースへと抜ける地中海沿線をめぐるルートです」……


…早朝のミラノ中央駅。

f0026094_0202449.jpg
早朝とはいえ、国際都市ミラノは多くの行き交う人で溢れかえっている。

9月末のミラノの朝は少し肌寒く、目の前を行く初老の老人だけでなく、すれ違う若者も秋の装いだ。

15番ホーム、7時10分発、ジェノバ経由ニース行き。汽笛がなり、列車は走り出した。


走り出してまもなく、
東の空からゆっくりと
朝日が昇ってくる。


f0026094_0292263.jpg




列車は地中海を目指して、
幾つかの駅に停車しながら、
人々が乗り降りをする。
f0026094_035084.jpg


イタリア北西部のパヴィア駅を抜けると、列車が混んできた。

ちょうど週末明けの月曜日。

出勤のサラリーマンや登校する学生達が乗り込んできたのだ。


f0026094_0411475.jpg
我々の
コンパートメントにも

地元の女性たちが勤務先に向かうために席についた。

慌しそうに
新聞を読み

週刊誌を眺める女性達


***業務連絡?(放送中断)***
>odositareさん リクエストどおり?! 年配の女性もまた、美しいです! 
 いかがでしょう? キリッとしてますよねー
*********************f0026094_0491464.jpg

経由地ジェノバを抜けると、眼下にはリグリア湾がひろがる。

ここからは地中海沿いの列車旅。

イタリア最西部の町、
自動車ラリーでも有名なサン・レモ。

陽の光がきらめく、碧い海を西へと向かうと、フランス国境ももう間近だ。

f0026094_0543553.jpg
そして、列車はレモン祭りで有名なフランスの田舎町マントンを通過し、
我々の次の目的地、人口3万数千、世界中の貴族が愛する国、
モナコ公国の玄関となるモナコ・モンテカルロ駅に到着した――



 【~♪例の曲♪~  
    世界の車窓から、次回は、
       モナコで酔い潰れ気持ち悪くなる旅です… つづく】
[PR]
by Taragona | 2007-08-19 01:00 |  ⇒ 伊・仏・モナコ旅行
<< コート・ダジュール、ラプソディ... 田舎論 ~Love my ho... >>