excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボクスター君の健康診断とインプレッション


愛車:ボクスター君を定期点検に出した。


f0026094_030177.jpgディーラーまでは極めて遠いので、
ローダー車をお願いして、
迎えに来てもらう。

セールス氏、定期点検の案内をくれなかったので、こちらからメールを送った.
…遠い客だからメンドくさかったのかな??

氏は基本的にメールを見ていないのか、返信が来ないことも、ままある。

今回返信が来なかったなら、
ディーラーを替えようと思っていた位だ。
…ワタクシ、結構短気??

毒舌はこのへんにして…(笑)


1万4千キロを走破して、絶好調。
オイル交換くらいで済みそうである。

気になるところを強いていうなら…
フロアマットにガムの噛みガラをくっつけてしまい、汚くなったのと、
多少、ギシギシと音がする程度。
とはいえ、まあしかし。。あんまり気にしないタイプなのである。
(短気なのに、おおざっぱ… 笑)

*******
2月25日で納車から1年が経つ。
インプレッションをすると、

・ズバリ、運転はしづらい!

 →あれれ? そんなことないでしょう? という感想を持たれる、
 ポルシェ仲間の方が多いかもしれませんが、ワタシのフィーリングでいうと、
 実は今ひとつ、なのです。

 というのも、アイポイントの低さゆえです。
 特に高速コーナーなんかで感じるが、視界に入ってくる情報が少なくて、
 飛ばしづらい。

f0026094_104565.jpgf0026094_112027.jpg













写真を変に重ねております…(謝)

前の愛車であった、BMWは、”駆け抜ける歓び”のわりには、
アイポイントが高く、ロールも結構する。

視界も広くて、コーナーのR(曲率、ですね)が掴みやすく、
なおかつ、ハンドリングもしっとり、ゆるやかな操舵感があったのだ。

対して、ボクスター。(写真左)
視界が狭いし、それなりにクイック。

高速コーナーで飛ばしてゆくと、それなりの緊張感を、ワタシは感じる。
(低中速はヒラヒラと楽しいのだけど…) 眼が疲れてしまうんだよなー
案外、オープンにして飛ばせば、走りやすいのかも。

法令順守は、まあまあ、当然のこととして、
高速で飛ばすと、ドッシリ感というか、吸いつき感というか、
が希薄に感じられる。フロントが軽いからかなあ??

ドイツのアウトバーンの感覚で、(サーキット内において!?)
飛ばしてゆくと、斜め方向の段差を越える際に、結構暴れる。
前車のBMWとか、だいぶ前に記事にしたドイツ旅行で乗ったボルボS80より、はるかに手に汗を握るし、疲労感を感じる。


…うむむ。
 少々、深酒になってきたので(笑)、これにて。
 走り(しかも私の感じる短所)に関する話しだけになっちゃったなあ。。


※懐かしい写真をUP。
 BMWの頃、ツーリング仲間たちと峠に行った写真だ。
 後ろに写っている、セブンやロータスより明らかに背が高い!

********

昨日早朝の、首都高4号線の事故、驚きましたね。
24tトレーラーがひっくり返ると、あのような事態になってしまうのですね。
亡くなられたドライバーの方のご冥福をお祈りします。

今晩の報道を見ていて、あれれ?! と思いましたが、
今月始めに、事故のあった75Rのコーナー、ずーっと1日中、
眺めていたのです。
f0026094_1193533.jpg

   ↑この写真の左から3分の1くらいのところで、横転していたようです。

車間詰め過ぎのクルマもあり、ブレーキ踏み過ぎのクルマもあり。
ブレーキランプをどこで踏んでいるのか、
車間を詰める人はどのくらいまで詰めているのか(アオリのヒドイ人探し!)
をずーっと見続けていました。

大型トレーラーであれば、運転に気を遣うでしょうし、
急な動作には対応が難しいでしょう。
そもそも、急カーブ過ぎるし、幅が狭い。大型の運転は大変だろうなあ。

f0026094_1231492.jpg
夜になっても、間断なく、
クルマが流れています。

もっとキツイカーブは
あるけれど、

やっぱり、
走りづらいよなあー、首都高。。。
[PR]
by Taragona | 2007-02-23 01:24 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター
<< メイド喫茶に行って、ブランディ... お好み焼きが好きや! そして、... >>