excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


【ドロボク日記】雪道におけるポルシェ・ボクスターを考える


自動車において、雪道に強いのは4輪駆動車である。

ボクは自動車の専門家ではないが、
おおむねそれは間違っていないとおもう。


f0026094_22942.jpgおおむね、という表現は、
いわゆるひとつの、
『断定を避けた』言い方である。(笑)

というのも、4駆だって、
スピンしてしまえば2駆より重いので
遠く飛ばされてしまうし、
ブレーキ制動だって、
加速度がつく分、止まれるまでの距離(=制動距離)は伸びるだろう。

f0026094_231516.jpg
そんなカタイ話しはさておき。

やはりというかなんというか、
オープンボディをもつ
我が愛車のボクスター君を、
雪山に連れてゆくのは気が引ける。

布製・幌の車を雪山に… というのは
もちろんあるが、それだけではない。


フロント部分(ボンネットの中)にエンジンがない、という理由も大きい。
フロントが軽いということは、単純に考えれば、
フロントが浮きやすいということだ。

冬の高速道路、水分を含んだシャーベット路面…
こんな道でフロントが軽いクルマはイヤだ。舵がおぼつかない。
…ということで、↑の写真のとおり、フル積載で高速を走る。
(積む場所がない、というのも大きいが…)

とはいえ。
おもいのほか、雪や凍結の高速道路をしっかりと走ってくれる。
あたりまえといえばあたりまえだが、
法定速度で走る分にはまったく破綻がない。

**********

あと、やはり、彼(クルマ)は都会派である。
ポルシェのカタログでも、アスファルトの上だけを走っている!
用途とかTPOでいうと、あきらかに間違っているわけだ。(笑)

ワタシ個人の問題としても、
仕事用車とか、連れのトヨタ号(4駆!)とか、
もう1台別に、4駆のジープ(ランドローバーのディスカバリー3を希望)が
用意できればいいのだが、人生そうもうまくいかない(笑)

…ということで、
実家に帰省し、父親とともに、冬期閉鎖されている山岳路へと
ボクスター号を駆りだすのであった。
(父親が「車を出す」という申し出を断った、という事実もある…)
f0026094_2581466.jpg




↑の写真のとおり、
冬期閉鎖の道へと続く山岳路は、地上高の低い車にとってキビシイ。
下回りを雪で擦るからである。
このときは新雪だったので、折り返さずにしばらく走って行った…

f0026094_325982.jpgなぜに、こんな山道まで行くのか…

それはワタシの親父の
健康趣味によるところが大きい。

それなりに歳を重ね、
時間を持てるようになった親父は、
「ウマイ湧き水探し」に凝っているらしい。

ガソリン代だってバカにならない昨今、
雪も積もらない街から、1時間ほどもかけて
水を汲みに行くのだ。
…ある意味、贅沢なハナシである。。(笑)


f0026094_3104449.jpgドロドロである。

そして、完璧に、
下を擦っている。

新雪だから
挑んだが、
古い雪だったら、
あきらめた道だ。

下回りが傷つく
だけでなく、

空力パーツが
緩んだりして、
高速走行の際に
危ない。

とはいえ↓、雪の中のオープンカー、カッコイ… う~ん。。
普通、スキー場にサンダルは入ってゆかないからなー
f0026094_31920100.jpg

f0026094_3204721.jpg
湧き水をフロントに80キロ!ほど積み、
フロントグリップは充分に
確保されたのであった(笑) ⇒


検証:
ボクスターのフロントに
重量物(80キロほど)の積載は可能!
(だからなに?・笑)


その甲斐あって?? 安全に雪山を越えて、日帰りで秘湯へ。

f0026094_3255923.jpg
源泉掛け流し。

12月31日というのに日帰りOKであった。
ヒバで造られた12畳半くらいの浴槽。

ヒバ製の底の割れ目から湧出している。
無色透明で、とても柔らかいお湯。



北東北の名湯。建物も旧くて雰囲気がある。

f0026094_3292396.jpgf0026094_3293143.jpg











とにもかくにも、
ポルシェ・ボクスター、雪道はしっかり走れるのである。
カワイそうだけどね…(笑)
[PR]
by Taragona | 2007-01-08 02:47 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター
<< カメラ。 携帯電話考。 >>