excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


エンジン・ドライビングレッスン【後編】


ウデには覚えがある。

お~!! 言ってしまいましたね。(笑) というカンジだが、
それはワタクシお得意の”根拠のない自信”で、
まあ言ってみれば、カンチガイである。

『公道でスムーズに走れるし、(いざとなったら)フルブレーキングも踏めます、アクセルも躊躇なく踏めるし、多少の横滑りは許容できます』という、主観的な(=思い込み)レベルの話。

f0026094_2138179.jpgしかし、この講座。
しっかりタイム計測がある。
客観的なデータが出てきてしまうわけだ(笑)

午前中のジムカーナレッスンでもまずまず走れたので、結構侮っていた。

「結構、イイタイム出ちゃうんじゃないの~~」 

…ワタシは自分に甘い男で ある(笑)

しかし、そのカンチガイはあっさり打ち砕かれる。

速い人は速いし、ワタシはさっぱりライン取りがわからない。
高速コーナーで、2速に入らないんですけど…、と講師に泣きつく始末(笑)
 …そりゃ、入らんよ。100キロをだいぶ超えているんだから! 
 3速で抜けていくんですね… 

f0026094_2205961.jpgサーキットは3回目。
前回は3年前に菅生を走っている
   ▼その時の愛車BMクン →

前回の記事のとおり、
ブレーキが良く効いて、
ハンドリングも安定していて、
パワーがない分、破綻もない。
思いっきり踏めるイイ車だった。

今回は相棒が替わり、
しかもパワーが増えた。
そして、より実践的な
サーキットトライである。

さて、舞台は3年後の筑波、である。
練習走行を行い、速さによって3グループを”再編”されることになった。
ゲゲーッ!! 最速グループから降格か… なんだかイヤだなあ。。

と思われたが、期せずして、最速グループ10台に残留した。
どう考えてもGT-Rやロータスの上のグループとは思えないが、
『最速にて走れ!』と命じられれば、走るのである。(笑)

f0026094_22173165.jpgこのグループは、
911GT3(だよな?)、カレラS、993RS、ロータス、改造シビックと86(スゴイ!ウデがイイ!!)、編集部のロードスター、フォーカス、インプレッサS204という布陣。

みんなエアチェックしているし、レーシングスーツを着ている人もいる。

おもわず
聞いてしまったぜ… 

「ちょくちょく空気圧を測っているのはなぜなんですか?」、って。(爆)
やる人はやるんだなー ダイジョウブだろか。



勢い勇んで、コースに出てみると、やはり皆、速い!
911カレラS、シビックと86が速い。全40周(4回に分けて)で抜かれる回数が多かったのはこの3台。

次いで、ロードスター、GT3、インプレッサ、ロータスというカンジ。
抜かれはするものの、993、フォーカスはコースを塞げば抜かれなさそう。

な~んて言っているが、ズバリ、ワタシはドンベ。(ビリってことだよ!!)
まるで、コース上の障害物、オフィシャルカー、招かざる客…(泣)
10周して、抜かれない車も何台かあるが、抜くことはなかったので、遅いということだ。う~む。。ボクスター君、不甲斐ないワタシを許してほしい。。(笑)

次回への課題。
・コース幅をしっかり使う(=ライン取り、速度)。
・PASMをオンにしてみる。(使いませんでした)

コース幅を使うというのは重要で、今回はまったく把握しきれず、
コース幅の半分から3分の2くらいしか使えなかった。
幅を把握できてないから、高速コーナーでコースアウトしかけた。

PASM、これは電子制御のサスペンションのことである。
これをオンにすると、サスペンションが固くなりスポーツモードになるのだが、
今回はひさびさのサーキット。使いこなせる自信がないし、挙動がわかりやすいほうが良かったので、柔らかいままで走った。

f0026094_22422941.jpg踏ん張らないなー
ズルズルするなー
と思ったが、
タイヤもテロテロに
なってきた。

巧い人のタイヤってどうなっているのか見当もつかないが、ワタシのタイヤはだいぶ削れてしまったようだ。右廻りのコースなので、ミミズ腫れも偏っている。

ウデのあるなしは差し置いて、18インチにしてもいいのかもな、と感じた。


そんなこんなでサーキット。たっぷり走った40周超。

最後に、トム吉田氏が言っていた。
『市販されている車の限界性能を、公道で試すのは合法的にはムリ』(笑)
 たしかに! 絶対ムリである。ワタシのボクスター君でも、2速で引っ張れば100キロを余裕で超える。
…もちろん、公道で101キロ以上で走ったことはないわけであるが。。(爆)
このツマラナイ、暗黙の了解… なんとかならないものか。。

規制速度を上げる世論はある。
実際に、宇都宮の環状線で、一般道80km/hに引き上げられた経緯もある。
反面で、高齢ドライバーの増加、一般的なドライバーの使用環境を考えると、死亡事故を増やさないためには、現状のままが現実的だ。

しかし、国産車の性能を考えると大きなジレンマがある。
…メーターの限界以上の性能を備えているのである…
軽自動車の140キロ目盛り、普通乗用車の180キロ(190キロ)目盛り。
コンパクトクラスの標準仕様車で走っても、下りの”サーキット”などでは
ほぼリミッターに達するのである。

う~む。。
前述の記事に書いたとおり、
『国産車そしてユーザーはハード偏重』、なのだ。
たしかに、この意味合いは、運動性能・運転技術が伴っていない、という意味合いで使われているのではあるが、他方では、それを生かす道路環境にない(法整備)という問題もあるようにおもう。

なんだか、カタイ話になったが、
ズバリ、サーキットはおもしろい!
これを機に、半年に1回はサーキットを走ろう、と思ったレッスンである。

f0026094_2345968.jpg
サーキット燃費は3.9km/L、油温計はピクリともせず。



だからっ!!!
そこまで、
性能を活かしきれてないんだってば!!(笑)


       【おしまい】


追記;
みんなクルマが大好きである↓
編集長、オシャレなオヤジです(笑)
f0026094_192931.jpg

[PR]
by Taragona | 2006-11-23 23:07 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター
<< 旅籠に泊る 【ドライビングレッ... 『エンジン・ドライビングレッス... >>