excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スタッドレスタイヤ!


11月である。

ワタシが住む北方エリアでは、冬のスタッドレスタイヤは必須だ。
街中での雪の降り始めは12月半ばで、
はっきり言って真冬でもしっかりと積もることはほとんどない。
一冬で10センチ積もることは、5回に満たないだろう。

ほとんどが舗装路面むき出しの状態ではあるが、
路面が多少なりとも湿っていれば、夜間は凍る。
また、30分も走れば常時圧雪、凍結の峠道もあるし、
そもそもワタシの実家はさらに高速道路を北に北に向かった終点まで行くのだから、スタッドレスタイヤを履かないわけにはいかない。

f0026094_1514492.jpgさて、スタッドレスタイヤ、
どの銘柄にしようか…?

ミシュラン、ピレリ、
ブリジストンにヨコハマ… 
メーカーも違えば、銘柄も沢山。。


←昨年は4シーズン目の
 スタッドレスタイヤを履いた
 BMWで山に行ったのでした

ところで、
スタッドレスタイヤって、どのくらいの普及率なのだろう?
日本海側のドライバーの方、北日本(北海道・東北)の方、甲信越の方も必要だろうか。あと、スキー・スノボに行く人、実家や別荘のある人、仕事で行かざるを得ない人… 結構いそうである。
f0026094_15113858.jpg
そこで、悩ましいのが、
タイヤの選択だとおもう。

降雪の質・気温の違い、使用環境の違いが大きいからだ。

ワタシの場合、
夏タイヤはパッと決まるが、
スタッドレスはいつも悩む。

スタッドレスの悩み…
①氷結路面に強いか
②高速走行に耐えるか
 (≒舗装路での性能)
③ライフ(使用可能年)は どのくらいか?
④サイズと値段

う~ん。。今年のスタッドレスはどーしよーか。。



①は重要だ。積雪や圧雪路面、気温が低い時(限度はあるだろうが)は、タイヤはよく噛む。古いタイヤや夏タイヤ!でムチャすれば別だが、、…その昔、新雪の高速道路を走ってスピンしたこともあった!(笑、えません…)

氷は怖い。鏡面仕上げのツルツル・ミラーバーンや、
ワタシが大嫌いなブラックバーン。あんなの祈りながら走るしかない(笑)

一瞬路面が濡れているだけのように見えるが、オーバースピードのカーブで出遭ったら最後… グリップがある(戻る)ことを祈るのみ… ワタシの実家の北方エリア太平洋岸では多い路面です。(雪は積もらず風雪強くて、気温が非常に低い)

となると、
ワタシの使用環境では、氷結性能を重視せざるをえない。

②、これは人それぞれである。
そして、これを論じることは本当はおかしい(笑) 
だって、制限速度というものがあるのだから。

スタッドレスの速度対応記号はだいたいがQ。
205/55R17 96Q の 末尾。
これは160Km/h対応ということである。 

もちろん、法定速度は100キロなのでこんな性能は論外である。冬の東北道で、品川ナンバーのアウディTTを追いきれず悔しかった、なんていうことはありえないわけで、そこで、「夏だったらなあ、ちくしょう!」なんて感情が沸き立つこともないわけで……

閑話休題。
上記は冗談?としても、法定速度で走っていてもこの高速性能は重要だ。ゴムを柔らかくして冬道でのグリップを稼いでいることもあり、腰砕けで操舵感が悪い。グニャグニャする。

スポーツ走行はダメ。(あたりまえ!)
…ツーリングクラブに入ってた折、悪友たちに唆されて山道を攻めてしまったら、タイヤは1シーズンしか使ってなかったのにボロボロ、スピンまでするありさま(こらこら)

ワタシの使用環境では、高速安定性も重視する、かな(笑)

③、そんなわけで、
ゴムが固くなると溝が残っていても、スタッドレスタイヤは機能しない。
ゴムの具合や保管状況によるが、3シーズンが目安なのではなかろうか?

使用可能期間が長い、そして高速走行に耐えられる、というのは
常識的に考えて、ゴムが固めだということを意味する(はず)

これは二律背反だ。
氷結性能も重視するが、高速でも走りたい。
さらには、長く持つものがイイ… 悩ましい。。

④の『サイズ』。
実は、ワタシの現愛車のボクスター君のフロントタイヤ:
205/55R17、ラインナップの少ないサイズなのであった!

一般的なモデルで調べてみると、
ブリジストンの 『レボ1』(というモデル)かヨコハマの『アイスガード』
しか設定がないようだ。

そして、ヨコハマのタイヤはBSよりだいぶ安い!!
う~ん。。。どうしようどうしよう…

オタオタしているうちにも着実に冬は近づき、
『スタッドレスタイヤ早期予約割引!』も終わってしまうわけで(笑)
                                   【つづく】
[PR]
by Taragona | 2006-11-05 15:40 |  ⇒愛車①ポルシェボクスター
<< 寂しげな夜とあほうな朝/アイス... 小便器考察 >>