excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Taragonaについて  【当ブログ終了】


f0026094_21563573.jpgいよいよ、このブログを閉じる時がきた。

2005年12月24日から5年と9ヶ月、
381の駄文を重ねながら、のべ8万人に訪れて頂いた。本当にありがたいことです。

この『あほうもん』を始めた時から、
~私が急に亡くなるとか失踪するなど
          不可抗力を除いて・・・~ 
ラストにしようと決めていた話しで
             終わりたいとおもう。

意思をもって手仕舞いできるということは
およそ6年に渡って、だいたいの物事を『継続』し『安定』を持って生きてこれた証なのだろうから、これも本当にありがたい。




f0026094_22121338.jpg
19世紀のアメリカの作家、
ヘンリー・デイヴィッド・ソローは
『森の生活』という本を書いた。

彼は森の中で自給自足の生活をして
いわゆる、スローライフを、送った。


  いいかもな、とおもう。


私は欲張りだし、
慌ただしく生きるのが好きだけれど
その『隙間』にあるような、

  『なにも多くの物を求めず
  どこにいるか僕ら以外は人知れず
  いつからいつまでという区切りない』

f0026094_22422366.jpgそんな生活を最高の贅沢だと感じてもいる。


 1秒1秒を噛みしめるように
 好きな人と、いくつかの好きな物と、
 静かにひそやかに、過ごす。

 たいして、必要なものなどない。
 ネットもテレビもいらないし、
 車も必要ない。・・・究極的に、は。


私が『森の生活』をみつけたのは
どのくらい前だろう。結構、昔の話しだ。

「あれ?」と思って、
森の中に足を踏みいれると、
小道があって、扉があった。

f0026094_22245432.jpg
森の中に沈んだようにあったその店は
だいたいいつも私しか客がいなかった。

60前後にみえる、品の良いマダムが、
~おばさんではなく、マダム~
おだやかに微笑みながら、

森の樹々の緑と同じくらい濃い
ポットサービスのコーヒーと、
手作りでほっとするような
アツアツのミートパイを作ってくれる。


 ガラス張りのテラスに私、ひとり。
 たくさん抱えてきた本を繰りながら、
 時折、鳥の囀りや
 吹き抜ける風が木立を揺らすようすを
 眺めながら

f0026094_225157100.jpg
お腹がすいたら
ミートパイを齧るし、
少し身体が冷えたら
苦いコーヒーをのむ。

マダムの姿はどこにもない。
呼べばどこからか来てくれる・・・


――しずかだしずかだしずかだ――


私はこの森の中で、時をわすれる。

ズボンの右ポケットに携帯電話が
あるせいで、完璧な『森の生活』に
浸れないだけだ。


f0026094_2345399.jpgその店の名を冠して
私は、Taragona。


森の生活を愛し
いつでも
思い出せるように、と。


 その店は、きょうも、
 森の中に佇んでいる。


      【ブログ・完】
[PR]
by Taragona | 2011-09-20 23:16 | ★ひとりよがり
さようなら、あほうもん >>