excitemusic

クルマ、たび、酒、日々思うコトを、体温高めにつづります
by Taragona
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おきにいリンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
夏向きのお部屋にしてみま..
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
京都 転職 就職 ハロー..
from 京都 転職 就職 ハローワー..
高血圧 原因
from 高血圧の原因究明サイト
欲求不満
from 難攻不落の熊本城
私の悩み。手掌多汗症
from 私の悩み。手掌多汗症
ヘッドライトを交換
from 輝く!HIDバルブライト
津軽弁だったのかトヨタの..
from J-CM Lab
森見登美彦等豪華執筆陣 ..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
貸しテナント物件賃貸店舗..
from 貸しテナント物件賃貸店舗情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


グアバベリーリキュール。~ラム酒とワインと酒飲みの話し~


f0026094_23232422.jpg魅力的な酒がある。

 『グアバベリーリキュール』。
ラム酒とグアバベリーという果実を
ミックスして作られたリキュールだ。

このお酒、3年ほど前から
日本に輸入され始めたようだが、
この原産元が「セント・マーチン」!

・・・そうです、ワタシのだらしなく終わりの見えない(笑)旅行記の場所なんですね。



行きつけのバーに行ったら、
「Taragonaさんに飲ませたいお酒がある」と出てきたのが、
このリキュールを、『ウィルキンソン』のジンジャエール(甘くなくて辛いジンジャーですね)で割ったカクテル。

サトウキビ原料の蒸留酒・ラムのイメージとは違って、
穏やかな甘さと品のあるテイスト。
ラム酒ってあんまり意識して飲んだことがなかったけど、
良いイメージを持つことができた。

なんでも、バーテンダーがカクテルコンペに出場した際に、
このお酒の輸入元の会社の社長から、是非使って欲しい、と
ラブコールをもらって、少しだけ仕入れてみたのだとか。
 彼女(バーテンダー)はちょうどワタシがセント・マーチンに行った話しを覚えていて、縁を感じたのだそう。

調べてみれば、
セント・マーチンという場所に惚れこんで、輸入を始めた会社のようだ。
う~~~ん、シブイ! そして、目の付け所と熱っぽさがステキです。
販路が拡がってメジャーなお酒になるといいな~。
美味しいし、社長さんも熱いヒト↓のようなので、先々楽しみです。
◆『ウエストサバンナストリート』 ⇒ http://guavaberry.jp/company.html

****************
f0026094_23543719.jpg

先日、ネットで目に留まって
赤ワインの詰め合わせを半ダース買った。
テーブルワインなので値段が安くて大満足。


味の違いを楽しみながら、
一晩でだいたいボトル半分ずつ飲んでいる。




f0026094_23553792.jpg


昨晩飲んだボトルは
なんと、キャップのワイン!

ソムリエナイフでキリリと開けようとしたら固い・・・ おかしいなと思って、頑張って開けたら、「あらら~ コルクがないし、閉じる蓋がなくなってしまった!」という按配。(笑)

f0026094_23584096.jpg
前の晩に飲んだボトルのコルクで
事なきを得たけど、

キャップのワインなんて、
コンビニとかで売っていて、よく学生のころに飲んだ『おいしいワイン』(by サントリー?メルシャン?)みたい。

サラサラで水みたいなワイン。
アルコールとぶどうジュースと”おいしい”水で割ったような無味乾燥とした酒だったっけ(>好きな方、ごめんなさい)


・・・ところが!! この赤ワインはというと、
 かなり美味い。

飲んでみると、フルボディのしっかりとした赤ワインで、
華やかで意外と果実みもあって、ほのかに甘~い柔らかさ。
渋みもほどほどで飲みやすい。

調べてみると、南オーストラリアのワインなのね。
楽天なんかだとかなり安い。でも、美味い!
香りも力強い。(ちょっとわざとらしい香りなのがタマにキズ)

************

ワインって、好きだけどあんまり飲まなくて。

だって、値段もイロイロで、良いヤツはベラボーに高い割には、
2本や3本はすぐに空いちゃうという、酒が主食のワタシにとっては、
”コストパフォーマンスの極めて悪いお酒”だからだ。

昨夜のワインもそうだけど、
南フランスでテキトーに買って飲んだヴァンドペイ(地ワイン)は
3ユーロで激安だったけど、フルーティだけど渋みも重くって、
しっかりした赤ワインだったもんなあ。値段じゃないよなとつくづく。

・・・あと、今トイレに行きながら(笑)思ったのだけど。

ウィスキーはどんなに頑張っても、スモーキー過ぎて1本は空けられないし、
日本酒はかなりイイヤツを1升飲んだとしても、5万円も10万円もしない。
ビールだって炭酸だから半ダースも飲めば、いいかげん飽きてくる。

麦や米ってお腹いっぱいになるけど、ワインはブドウだからなあ。
フルーティでいくらでもいけちゃうというもあるのかも。
ご飯をたくさん食べた後でも、フルーツは食べれちゃいます、みたいな感じ?(違うか)

f0026094_018402.jpg
そうそう、ウィスキー。

最近飲んだのが、
「スリーピート」という
アイラモルト3種類をバッティングしたもの。

しかも、クセモノの
『アードベック』に『ボウモア』、そして『ラフロイグ』と、よくもまあ、気性の荒い取り合わせを考えたものだと言う感じ。

なんか、
市内のヤンキー中学から
悪い奴らが集まっちゃった高校みたいな。(笑)

味はやっぱり刺激的。
でも、複雑な味わいで美味。

このお酒、不思議なことに、水で割ったりロックにしたりすると
途端に平べったく無表情なテイストになる。
ヤンキー高校に、ピュアな新米美人教師現る、みたいな感じカナ?(意味不明)

                                         【おしまい】
[PR]
by Taragona | 2010-07-13 00:25 | ★FAVORITE
<< Urban twilight,... セント・マーチンに行く【7】 ... >>